Title

Description

    Tebis 4.1でスピーディーにスタート

    豊富な機能

    より多くのCAD機能CAM機能自動化、そして最適化された測定プロセス: Tebis 4.1は、よりいっそう経済的で安全な製造プロセスを実現させるための数多くの機能を揃えています。

    CAD – パラメトリックデザイン

    すばやく簡単に穴やポケットを作成

    「ソリッド/穴」および「ソリッド/ポケット」の機能を用いて、様々な傾斜方向の穴、ねじおよびポケット非常に快適に作成できます。多段穴などの細かな情報を含んだルールド形状は、フィーチャーライブラリーから選択することで、加工属性を製品に付与することが可能です。こうしてプロセスの安全性が向上し、さらにプロセス全体の一貫性は確実に保証されます。この機能を使用しないでも、対話的に穴やねじ、ポケットの作成が可能です。

    穴やポケットの形状は数回のマウスクリックで製品から取り外し可能で、後からいつでも調整できます。 
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies

    CAD – 電極設計

    電極を迅速かつ安全に設計

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    電極プロジェクトを、新しいCADストラクチャーツリーにオブジェクトとして作成・管理することができます。最大の利点は、製品および出力座標を一度プロジェクトに登録するたけで、該当するプロジェクト内の電極は全て、登録された製品と出力座標を参照するようになります。もちろん、個々の電極を対話的にいつでも条件変更することができます。

    更に、同じ形状の複数電極自動で生成し、これらを1つの電極ファミリーに取りまとめることが出来ます。例えば粗取りおよび仕上げ加工のために、放電ギャップが異なる、同じ形状の電極が必要となる場合、マウスをクリックするだけでこれを簡単に生成することができます。

    また、実用的なフィルター機能により、電極に相応しい素材およびホルダーを選択することができ、放電部に合わせて、素材が自動で調整されます。

    製造および計測プログラムの両方を、ストラクチャーツリーで直接管理することができます。電極情報は記録および転送されます。


     

    CAD – リバースエンジニアリング

    より確実にコントロール:CADサーフェスをさらに精密に生成

    高品質のデザインサーフェスを生成する場合、個々の複雑なサーフェスを、3Dスキャンデータと、定義されたキャラクターラインなどのデザインされたカーブに適応させる必要があります(近似サーフェス)。ゼブラシェーディングおよび曲率解析機能を用いると、最適なサーフェス品質が実現できないサーフェス間の隙間やギャップを表示させることができます。

    Tebis 4.1が問題を解決します。サーフェスの近似化において、新しいG0エッジ - 非参照半径機能を用いることで、該当するエッジにおいて境界カーブが優先的に参照されるように、特別な性質をエッジに割り当てることができます。そのためには、該当するファセットのエッジの周囲にループ(赤色)を配置し、大きさを指定します。大きさは、予め定義されたものを用いて常に一定になるように設定することも、矢印をドラッグして、手動で個別に調整することも可能です。CADサーフェスが変更された場合、Tebis が直接変更を表示するため、最適なサーフェス品質が保証されます。 
    G0エッジ - 非参照半径(赤色)を用いた場合、Tebisは、スキャンデータよりも境界カーブをより優先的に参照しながらサーフェスを近似させます。

    CAM – 自動化

    加工順序を素早く簡単に変更

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    加工順序を後から変更
    安全で快適: フィーチャーを「交差」機能と組み合わせることで、選択した順番に合わせて、加工順序が決定されます。新しい「シーケンス」機能で、この順序を後から変更することが可能になりました。交差領域は自動で調整されます。
    このようにして、既存のフィーチャーグループでも加工順序を変更することができます。

    穴のフォーマットを用いた自由自在なNCプログラム

    穴加工において変更があった場合、3Dデータを通して変更に関する情報が取得出来ない場合でも、NCプログラムと穴のフォーマットを一緒に出力することで、追加の変更に対応できるようになりました。フィーチャー加工における要素選択が拡張されて、同一の傾斜、同一平面で、同じ寸法およびNCセットのフィーチャーを選択できるようになりました。作成されたツールパスが穴のフォーマットとして出力され、穴あけの位置をコントローラーで快適に調整することができます。

    座ぐりの深さを自動検知

    穴加工およびルールド面のポケット加工が簡略化されます。座ぐり穴が平面サーフェスから始まらない場合、フィーチャーをスキャンする際にそれぞれの座ぐりの深さを自動で算出させることができます。この値がガイド深さとしてフィーチャーに登録されます。座ぐりの深さを自動算出できない場合でも自動化/編集-ルールド/パイロットの機能を使って、面要素に基づき、各フィーチャーのガイド深さを個別に指定することができます。NCセットのテンプレートを用いてルールド形状のポケットおよび穴を確実に自動加工し、ガイドの深さに合わせてパイロット深さが生成されます。

    CAM – 穴加工

    複数のセクションを迅速で快適に穴あけ

    量産部品に最適: 「ドリルセクション」機能を用いて、多段穴あけを自動で行えるようになりました。その際、それぞれの段階ごとに異なるZピッチおよび切削条件を指定することができます。そのためには、改良された「ルールドフィーチャー-結合」機能を用いて、穴あけ加工を準備します。
    従来の「深穴加工」(MDEEP)に替わるのが「ドリルセクション」機能です。

    この機能は特に、プレート間に大きな間隔ある複数のプレートを作成する必要がある、溶接フレームの加工等に特に適しています。例えば、被削材と交差領域が交互に繰り返される加工においても、この機能を有効に活用することができます。
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    ドリルセクション& 穴あけフィーチャーの結合

    CAM – 切削

    粗加工は、加工残り量を最小限に

    加工残りがある領域を回避して加工
    粗加工では、加工状況に応じてエリアフィルターの「オフ」、「弱」、「中」、「強」を選択し、加工残りがある領域を、完全に回避します。「オフ」のオプションを選択すると、全ての領域が一定の残し代で加工されます。加工時間もそれに応じて長くなります。「強」を選択すると、微小な加工残りがある領域は加工されません。この未加工領域は例えば、再粗加工でより小さな工具を用いて取り除いてゆきます。また、「弱」および「中」のオプションで、段階的に加工残り量を指定でできます。

    加工機ヘッドを考慮して安全に加工

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    こちらの動画で確認できます。
    干渉を回避したツールパスを、スピーディーに作成します。マシンヘッドが干渉する可能性がある箇所は、自動で縮小されるか、NC計算の操作中に除外されます。

    プロセスの安全性が高まることと、大幅に時間短縮されることは、大きなメリットとなるでしょう。もし、自動で領域を縮小する機能がなかったら、計算後に手動で干渉を回避するよう修正し、その後新たにNC計算をし直す必要があります。干渉回避機能を使用することで、全ての切削加工において最短の工具が使用でき、最適な切削条件が保証されます。

    平面部を効率的に加工

    “Cut division” は「2.5D面加工 / 平面粗取り」あるいは「2.5D面加工 / 底面仕上げ_平面サーフェス」機能を用いた平面部の走査線加工で、側面から算出されます。順番変更機能で、パスの開始位置を内側・外側どちらからでも開始できます。更に狭い領域でも、平均値のオフセットを自由に指定して、一つのパスのみで加工することが可能です。

    径補正を有効化し、突き加工で輪郭の仕上げ加工

    輪郭の仕上げ加工向の際に、突き加工の新しいストラテジーを使用できるようになりました。NCジョブで粗加工と組み合わせて、必要に応じて径補正を使用した加工ジョブを作成することもできます。こうして、最適な仕上げプロセスが実現されます。

    自動干渉回避機能を用いた輪郭加工

    輪郭加工のZ-可変機能は、干渉面を確実に回避することができます。工具は自由に定義可能な角度で干渉面を退避し、干渉面を避けた後は再び加工面の加工を行います。こうして複雑な形状やクランプを加工する際も、工具の長さを最大限に活用できます。

    個別のオフセット値を指定して迅速に加工

    軸方向の残し代と径方向の残し代をそれぞれ指定して、平坦部や傾斜部で異なる残し代を設定した粗取り加工ができます。これらの残し代は通常の残し代に追加されます。こうすることで、例えば平らな領域をそのまま直接仕上げ加工させる一方で、勾配が急な領域は一旦前仕上げさせることが可能になります。その際に勾配が急な側面で工具が被削材に入り込みすぎないように、マイナスの値でオーバーラップを指定します。
     

    スピーディで確実にフィレットを再加工

    フィレットの隅取り加工する際の最大の深さを自動で算出します。この値は各フィレットごとに深さが算出されるため、それぞれのフィレットを完全に加工することができます。小型の工具を用いる場合でも、スピーディで確実な作業が可能です。
     

    複合Rの異形工具を用いて、最高のサーフェス品質を実現

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    非常に高い精度が実現可能です。パラメーターを入力することで、バレル形状円錐形状および楕円形状の複合Rの異形工具正確に再現することができるようになりました。最高のサーフェスを実現させるために、工具メーカーが推奨する「理想的な」接触位置を指定します。さらに、最大の角度および最小の角度を指定して領域を制限します。これらの情報は、輪郭の粗取り加工と仕上げ加工および側面加工のための同時5軸ツールパスを算出する際に考慮されます。一定の傾斜角度を選択した場合は、工具の傾斜軸を決定する際に、接触位置のみが考慮されます。可変のスロープ角度を選択した場合は、カッターの角度範囲全体を使用します。 
     

    5軸変換機能で、最高のサーフェス品質を実現

    干渉回避の5軸変換機能を用いて、最高品質のサーフェス加工を行います。隣接するツールパスの回転軸は、最適に同期されるようになります。そしてコーナーではよりスムーズに傾斜軸が遷移します。インタラクティブな計算に追加された新しい解析機能を用いると、A/B軸の傾斜角度、C軸回の回転角度、パスごとの角度変更、そして輪郭高さを予め評価して、最高品質でサーフェスを加工できます。

    5軸変換加工で、工具の動きを正確にコントロール

    3+2軸向けにプログラミングされたツールパスは、自動で同時5軸ツールパスに変換されます。さらに工具の動きコントロールし、特定の加工状況に合わせて切削条件を最適に調整することも可能です。

    ベクトル補間」機能は、例えばNC計算中にマシンヘッドとの干渉が確認された場合に、これを回避するために使用されます。任意の数の設計カーブを、ベクトルとして選択します。これにより、工具の傾斜軸および移動動作が決定されます。複数のベクトルが隣接する場合は、システムが自動で補間します。

    カーブ基準」機能は、座標系、点、カーブ、面、トポロジーあるいはメッシュなどをガイド要素として選択し、これを基準にして、加工軸方向および移動動作が指定されます。選択された要素は常に、工具軸と交差します。この機能は特に、サーフェスの形状が3+2軸加工よりも同時5軸加工に相応しい場合に使用することが勧められます。

    どちらの機能も、傾斜軸の傾斜角度を固定することも可変設定にすることも可能です。さらに、いつでも自動干渉回避動作と組み合わせることが可能です。 
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    ベクトル補間
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    カーブ要素を用いて最高のサーフェス品質を実現

    CAM – 旋盤

    旋盤用工具向けの切削データ管理機能の改良

    旋盤用工具を最適に活用することができます。そのために、旋盤用工具でも被削材ごとに切削深さ(ap)を指定できるようになりました。指定された値が自動で、輪郭旋盤および突き加工にも適用できます。こうして、あらゆる加工機グループ、被削材、そして加工方法において、常に最適な切削データで作業することが可能になります。

    旋盤を計算し、ホルダーとの干渉を防いで安全確保

    旋盤加工を計算する段階でホルダーとの干渉回避します。マシンにタレットまたはマシンヘッドがあるかどうかに関わらず、必要に応じて加工領域を制限してあらゆる干渉を防ぎます。こうして複雑な機械加工操作でも、迅速で信頼性の高いNCプログラム計算が可能です。

    CAM – 機械技術

    主軸と対向主軸の間で製品を快適に受け渡し

    主軸・対向主軸を備えたマシニングセンタの部品の受け渡しを、Tebisのジョブ管理で簡単、快適そして完全に操作できるようになりました。部品は、角度を適切に同期化させることで、スピンドルを静止あるいは回転させた状態で受け渡すことができます。Tebisジョブ管理は、部品の長さ、クランプの深さ、チャックの長さ、そして部品の動きに関する全ての情報がデバイスライブラリーとセットアップに保存されているため、エンジニアが頭を悩ませる必要はありません。必要なデータが自動で適用されます。必要に応じて、素材の分割および転送を部品の受け渡しに付け加えることができます。自動で行われる部品の受け渡しがシミュレーションで実際そのままに再現され、これによりマシニングセンタの主軸・対向主軸両方において安全かつ快適に加工できるようになります。リソースを効率的に使用できるようになり、機械の稼働率が向上し、柔軟性も増加します。 

    マシニングセンタを自在に操作

    バーチャルマシンの環境設定要素を用いて、個別の機械特有のパラメーターを設定することができます。これは機械マクロでマシニングセンタの動きを制御します。数値あるいは選択肢を利用することができます。このようにして例えば、工具を計測する際の条件他のツールパス間で配置、あるいは旋回する方法などを設定することができます。加工詳細をジョブ管理から自由自在に指定できます。

    自由な回転軸により広がる加工の可能性

    干渉およびリミットオーバーの問題がヘッド回転を変更することで回避でき場合、バーチャルマシンのキネマ情報を利用して、自由度を保持したまま回転軸希望する値に設定することができます。一度選択した設定はそのまま残るため、NCジョブを再計算する際に利用することができます。

    CAQ – 計測

    プロセスに統合された計測で生産性の向上

    快適、簡単、安全に、測定タスクを製造プロセスに完全に統合させることができます。例えば、製品は正しくセットアップされているか、素材の寸法は正しく計測されて正しい方向を向いているか、また、切削加工後クランプを解除するまで検出されない再仕上げの部分がないことを確認できます。プローブキャリブレーションから点測定、点あるいは円に基づく角度測定、円と四角の測定、そして更にはめ込み形状まで、必要な全ての機能が機上測定のメニューで確認できます。統合された精度検査機能を用いて、加工を継続させてもよいのか、あるいは中止させるべきなのかを指定できます。切削、旋盤そして計測を組み合わせた、高度に自動化された安全なプロセスにより、工具および工作機の損傷を防ぎます。その結果セットアップにかかる時間および加工時間が短縮され、製品品質が向上し、そして修正ループの回数が減少します。独自の測定サイクルを持たないコントローラーでも、この機能を利用してメリットを実感して下さい。
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies

    計測結果を分かりやすく表示して記録

    製品の計測結果3D CAD/CAMデータに直接表示させることができます。そのためには、CNCコントローラーで生成されたデータを計測結果と共に読み込みます。これにより計測値、差異偏差、形状パラメーターそして計測の精度幅を表示させて確認することができます。必要に応じて、評価の結果をグラフおよび表形式でPDFドキュメントとして記録できます。

    CAM – ジョブ管理

    プロセスの安全性を備えたツールパスの変換

    左右対称に変換されたツールパス
    ミラー、移動、回転およびスケーリングまで含め、NCジョブを変換する場合には、NCジョブを新しく計算するのか、とりあえず計算は行わないのか、あるいはNCジョブを新しく計算せずにツールパスのみ新しく変換させるのかを指定することができます。左右対称に変換されたツールパスが急ぎで必要となる場合には、「再計算せず変換」の機能を選択することで、迅速に結果を得ることができます。こうしてプログラミングの時間を大幅に短縮させることができます。機械サイクルを含むNCコードは、ツールパスの移動方向に合わせて、自動的に調整されます。「再計算」のオプションを選択すると、変換された要素あるいは選択された要素に基づいて、新しくNCジョブの計算が実行されます。「NCJob計算をしない」のオプションを選択すると、NCジョブを準備した後で、必要に応じて後から計算を行うことができます。

     

    CAM – レーザー加工とトリム加工

    補正値を入力して、簡単にパスを移動

    レーザー加工およびトリム加工において、機械上で修正されたデータの補正が簡易化されます。パスの補正値は、変化した分の数値を入力できます。こうして入力ミスすることなく確実に、新しい加工ステータスを手に入れることができます。