メニュー

経営陣インタビュー

Tebisではクライアントの利益を最優先に考えることが、事業活動の原点です

Tebis AGの執行役員ベルンハルド・リンドフライッシュ氏(Bernhard Rindfleisch)とトーマス・ブレーデ博士(Dr. Thomas Wrede)は、Tebisの成功の鍵はクライアントとの密接な技術的提携、および継続可能な革新性を追及する企業文化にあると明言しています。ソフトウェアメーカーからプロセスプロバイダーへ転身したこれまでの発展と、今後の更なる飛躍について – ベルンハルド・リンドフライッシュ氏(Bernhard Rindfleisch)とトーマス・ブレーデ博士(Dr. Thomas Wrede)とのインタビュー。

経営陣インタビュー

連絡先

丸紅情報システムズ 株式会社

〒169-0072 東京都新宿区 大久保三丁目8 番2 号 新宿ガーデンタワー
03-4243-4142 お問い合わせフォーム

リンドフライッシュ氏に伺います。Tebis企業グループは、全世界でおよそ300名の従業員を擁し、年間総売上高はおよそ3,800万ユーロに至ります。成功を導いたのは何だと思われますか?

ベルンハルド・リンドフライッシュ氏:当社の成功の基盤は、ユーザーの立場に立って考えてみることです。
私たちは、プロセスプロバイダーの立場にあります。クライアントと共同で取り組むことで、個別要件を完全に満たす最善のコンセプトが誕生します。

ソフトウェアはどのような役割を果たしますか?

ベルンハルド・リンドフライッシュ氏: Tebis社のソフトウェアは、卓越した機能により世界的に最高レベルの品質および生産性基準を打ち立て、当社を成功に導く原動力であります。私たちは金型、成型および鋳物製造分野専用にソフトウェアソリューションを継続的に最適化して参りました。 Tebisが創立された1984年以降、当社は非常に多くの場面で先進技術トレンドを牽引するリーダーとなりました。 たとえば、1990年に既に完全部品のマルチサーフェス全体にわたるNCプログラミングをサポートしたTebis Automill®の技術です。ほかにもTebis NCシミュレーターがあります。このシミュレーターは、全機械コンポーネントの完全な衝突モニタリング機能を備え、仮想機械モデル上でツールパスの現実的なシミュレーションを実現した最初の技術です。今では、Version 4.0が新しい基準となっています。画期的なユーザーインターフェイスと幅広い自動化機能により、当社のクライアントは製造プロセスをさらに簡易化し、競争力の強化を図ることができます。Tebisはソフトウェアのみを提供するのではなく、ソフトウェアを個別の製造プロセスに最適に統合させることも、私たちの取り組みであります。

それには広範な専門知識と、強力な技術ポートフォリオが不可欠といえますね。

ベルンハルド・リンドフライッシュ氏: もちろんそうです。クライアントがTebisとのパートナーシップを高く評価する所以は、まさにここにあるのです。当社の製造分野およびCAD技術への広範なインプリメンテーション専門知識、トレーニングおよび強力なサポートにより、付加価値を最大限に生み出します。

今ではTebisは唯一のCAMプロバイダーではありません。Tebisは、競合他社と差別化を図るための優位性をどのように補っているのですか?

ベルンハルド・リンドフライッシュ氏: 先にも述べましたが、当社の最大の優位性はソフトウェアとインプリメンテーションにおける専門知識です。さらに他社と大きく異なるのは、当社が誇る製造業に特化したコンサルティング専門知識です。このため、Tebisはクライアント、さらに機械工学分野などの新規クライアントをも強く惹きつけるのです。当社の経営コンサルタント会社であるTebisコンサルティングは、ここで優位性を顕著にする、非常に重要な役割を果たしています。当社のアドバイザーは、金型、鋳物、成型製造分野におけるクライアントのデザインから開発、エンジニアリングに至るまで、またワークショップや製造所にて、生産プロセスに関して15年以上の経験と実績があります。この分野で、コンサルタントおよびサービスに関して、当社以上に専門知識を有しているコンサルタント会社、またはソフトウェアプロバイダーは他にいません。当社が類稀な存在である理由がここにあります。

Tebisは、具体的にどのようなサービスを提供しているのですか?

ベルンハルド・リンドフライッシュ氏: Tebisコンサルティングは、製造プロセスを最適化する価値創造戦略を練り上げ、実装します。 たとえば、セットアッププロセスを向上し、材料や情報の流れを加速化します。こうしてダウンタイムを削減し、利用時間を向上させることが可能になります。Tebisにより、ますます多くの単体部品製造企業に産業向け製造プロセスが導入される傾向にあります。

Tebisは著しい成長を遂げています。 しかし、企業を取り巻く環境も変化してきています。将来の課題は何だとお考えですか?

ドクター・トーマス・ブレーデ:主要な課題は、市場の国際化です。新しいCAD/CAM 製品がより短期間で開発されるということは、より多くの人々が同じ知識を共有していることを意味しており、自動化および標準化が特に重要となります。構造化したプロセスにより作業を軽減し、信頼性の高いプロセスを構築することに集中的に取り組んでいます。 当社の会社規模、業績および国際化への姿勢を踏まえたうえで、全体的なコンセプトの策定を行っています。

全体的なコンセプトとはどのような内容ですか?

ドクター・トーマス・ブレーデ: 私たちは、北米、中国、日本での市場拡大を強化していきます。そのため、当社のソフトウェアは国際的に使用できるようにデザインされた最新鋭のユーザーインターフェイスを備えており、これには設計から製造まで効率性を最大限に発揮する市場志向の製品ストラクチャが装備されています。さらに成型および金型製造、機械工学および航空宇宙工学分野における地位をさらに強化していきます。私たちは、Tebisをプロセスプロバイダーとしての地位を確立し、当社の革新性を推進し、新製品の導入の加速化を追求します。同時に組織全体の成長に励み、責任、モチベーション、創造性の促進に努めます。

このことはバイエルン州の経済大臣イルゼ・アイグナー氏にも注目されたようにTebisは、「バイエルン州ベスト50企業」も受賞し、国内で最も優秀な業績をあげた企業に含まれています。

ベルンハルド・リンドフライッシュ氏: 当社にとって非常に喜ばしいことです。プロセスソリューション事業および海外組織事業の拡大は、計画通りに目標を達成しています。今回の受賞は、当社の取り組みが正しい軌道に乗っていることを、私たち自身が確信することにもなりました。私たちは、クライアントに最大限の価値を生み出すため、また私たちのビジョンを具現化するために最善を尽くします:
Tebisは、クリエイティブなエンジニアリングを創造する高品質グローバルブランドへと成長しています。

リンドフライッシュ氏、ドクター・ブレーデ、本日はインタビューにお答えいただきましてありがとうございました。

Tebisニュースレターに登録して、最新情報を入手しましょう。

プロセス向けサービス

コンサルティング

厳しい納期のプレッシャー、一層複雑化を増す製品、価格圧力の上昇、専門要員の不足により、今日企業は新たな課題に直面しています。多くの企業は、将来を見据えた対策が整っているか模索し、企業の効率性および競争力を維持することを望んでいます。しかし独自のプロセスを厳密に評価し、改善するための時間やリソースが不足しています。まさにここでTebisコンサルティングがその威力を発揮することになります。Tebisは、製造業に特化した経営コンサルタントを提供しており、モデル、…

詳しい情報