メニュー

技術交換で躍進

スメージェバッケン(スウェーデン)に拠点を置くMV USABは、150年の歴史を誇る老舗企業です。スウェーデンでツール・機器メーカーとして度重なる構造改革や企業再構築を経験しており、20世紀後半にはVolvo傘下に入っていたこともありました。それでも現在のMV USABの共同経営者、ペーター・ダールストレーム氏(Peter Dahlström)は、「150年におよぶ当社の歴史を活かし、今後も事業を成功させていくことができると確信しています」と自信をのぞかせます。それもそのはず、今日では適切なCAD/CAMシステムが事業成功の鍵を握るとご存じで、Tebisのシステムを導入されているのです。

そんな中でも、もう何十年も変わっていないのが同社の生産ライン。まだMorgårdshammarという社名だった頃から、急成長を遂げる鉱業向けに早い時点で炭鉱や圧延機関連装置の製造に特化されています。スカンジナビア最大の圧延機・炭鉱設備メーカーとして市場をリードする日もそう遠くはないでしょう。現在まで、鉱業機械のとその技術は常に事業の中心となってきました。その中でも作業の重点が置かれているのは鉄やステンレス、鋳鉄のような材料の加工、そして熱処理です。また、クライアントは鉱業のほかにも金属加工業や製鉄・製紙業が中心となっています。

  • 近代化には新型CAD/CAMシステムが不可欠

    「イタリアのメーカー、ダニエリから2004年に会社を引き継いだあと、生産戦略を変更したんです。単純な小型ツールマシンでの大量生産ではなく、重量のある大型アセンブリーを少数製造するようにしました。旧式の小型ツールマシンの大半は廃棄処分にし、新しい機器への投資を行いました。ただ、5軸加工機導入の段階で、それまでのCAD/CAMシステムでは要件に対応しきれないことが判明したんです」とペーター・ダールストレーム氏。さらに作業準備・生産技術責任者のロジャー・ワデル氏も、「当時は非常にCAMシステムに悩まされていて、5軸システムの技術を使った作業には本当に苦労しました。それでも確実な加工プロセスの開発には長い時間がかかるため、作業準備部門の従業員も残業を繰り返してプログラム開発に尽力してくれたんです」と当時の状況を詳しく説明してくださいました。そして2011年にはさらに投資を行い、研削盤が2台、うち1台はJobs/Sachman製が導入されます(図1を参照)。しかし、すぐに旧式CAMシステムでは7軸加工機の操作が非常に困難だということが判明します。これで、さすがに新しいソリューションが必要だという決断に至りました。

    MV USABが導入した最新機器のひとつ:SACHMAN/JOBS製マシニングセンターTHOR。制御はHeidenhain 530 HSCIで行われます。

  • ソリューションはTebisのCAD/CAM

    新たに導入する高性能CAD/CAMシステムを探していたロジャー・ワデル氏は、すぐにTebisの存在を知りました。特に目に留まったのは、Tebisソフトウェアを使ってツールの形状割当てが可能な包括的ツールライブラリ、そして100分の1まで公差を設定できるスムーズな衝突点検でした。どんな形状のツールでも、ソフトウェアを使えば簡単に割り当てることができるのです。当時MV USABで使用していたソフトウェアでは不可能なことでした。それだけでなく、全加工工程で加工テンプレートを使用、保存、さらに必要に応じて再使用までできるという点にも同氏は注目。そして、約一年前にTebisにお問い合わせいただくことになりました。Tebis Scandinaviaのミカエル・ヨハンソン(Mikael Johansson)とペア・ギスラー(Per Gisslar)がMV USABの責任者に連絡を取り、システムについての詳しい説明を行っています。決め手となったのは、機械や作業プロセスが似通った他社のTebisに対する評判だったそうです。もちろん、Tebis採用という決断はMV USABにとっても吉と出ました。

    ロジャー・ワデル氏、Tebis Scandinaviaのミカエル・ヨハンソン、グンナー・ペアソン氏(Gunnar Persson)はMV USABスメージェバッケン工場でもTebisによって高性能CAD/CAMシステムの導入が可能との見解で一致しました。

  • さらに作業準備・製造段階でもTebisがサポート

    「まずはそれまで最大の課題だった同時回転・ミリング加工でテストをしてみたんですが、そのときも直接サポートをしていただきました。作業準備段階で問題が発生したときにすぐにサポートがあるのは本当に大きいんですが、Tebisのみなさん、特にミカエル・ヨハンソン氏には大変お世話になりました。たまに無理難題にぶつかることもあるんですが、そんなときでもドイツの担当者からは必ず的確なアドバイスを頂けるので心強い限りです」と、ワデル氏はTebisのサービスを絶賛。CAMシステムとツールマシンのプログラミングに精通したMV USABのグンナー・ペアソン氏からも、「部品が機械に取り込まれている状態で問題が発生したときは、本当に一刻を争うので」とその重要性を改めて確認しています。

    粉砕機のベアリングハウジング基礎部を確認するグンナー・ペアソン氏。金具も表示されています。

  • 生産システムの心臓部:仮想マシンとTebisシミュレーター

    どんな製造工程でも基本的にエラーがないにこしたことはありませんが、特にMV USABのような大型部品の少量生産では衝突検知機能が非常に重要になります。このため、2Dおよび同時5軸加工システムと回転モジュールによる完全加工機能だけでなく、加工計画のための仮想マシンにも投資が行われました。ロジャー・ワデル氏は、信頼の置ける加工プロセスを実現するためには、オフィスで行ったCAMプログラミングとシミュレーションが工場で実際の加工結果と一致するようでなければいけないと指摘します。仮想マシンを使用することでエラー発生のリスクを抑えることができます。NCシミュレーターをTebisのプロセスチェーンに組み込むと、マシニングセンターが仮想マシンとして現実に即して表示されます。

    こうして機械シミュレーションを行うことにより、使用可能な製造機械から各部品に最も適したものを選択できるようになるです。

    「これでやっと機械シミュレーションのための高性能プログラムもそろいました。細かい加工を施した部品を扱っているので、Tebisのおかげで当社にとっては大打撃となる衝突を防ぐことができます。(これほど重要な投資を)大した下調べもせず、きっとうまくいくだろうと適当に行うべきではありませんね。市場に出回っているCAMシステムにはそれぞれ結構違いがありますから」とペーター・ダールストレーム氏。初期段階ではいくつかコードのセットアップが必要となっただけだったので、すぐにTebisに大満足していただけたとのことです。

一覧へ戻る

引用

細かい加工を施した部品を扱っているので、Tebisのおかげで当社にとっては大打撃となる衝突を防ぐことができます。

プロファイル

主要課題:

速やかで信頼性の高い5軸プログラム

利点:

  • テンプレートを使用したプログラミング
  • 包括的なツールライブラリ
  • スムーズな衝突点検

支店:

機械およびシステム工学

会社名:

MV USAB

所在地:

スメージェバッケン(スウェーデン), スウェーデン

インタビューパートナー:

ロジャー・ワデル氏(Roger Wadell)、ペーター・ダールストレーム氏(Peter Dahlström)

ポジション:

作業準備・生産技術責任者、共同経営者

表示:

2013年

Tebisニュースレターに登録して、最新情報を入手しましょう。

プロセス向けサービス

コンサルティング

厳しい納期のプレッシャー、一層複雑化を増す製品、価格圧力の上昇、専門要員の不足により、今日企業は新たな課題に直面しています。多くの企業は、将来を見据えた対策が整っているか模索し、企業の効率性および競争力を維持することを望んでいます。しかし独自のプロセスを厳密に評価し、改善するための時間やリソースが不足しています。まさにここでTebisコンサルティングがその威力を発揮することになります。Tebisは、製造業に特化した経営コンサルタントを提供しており、モデル、…

詳しい情報