メニュー

MES ProLeiSを使った製品データマネジメント

全ての製造データとドキュメントの管理

効率的な製造を実現するためには、全ての重要なデータへの迅速なアクセスが必要です。ProLeiSは、優れた製品データマネージメントのために、プロセスに関わる全ての人が、役割に応じた最新のデータにアクセスできます。ProLeiSを使った製品データマネージメントでプロセスを迅速化し、間違いをなくします。時間をかけてCADファイルやその他のプロジェクトドキュメントを探すことがなくなり、データが最新のものであるかどうかを常に確認する手間も省けます。コスト要因となる、製造現場での間違ったデータ使用もなくなります。

規則化されたアクセス権は、役割に応じたアクセスを認め、部分的な課題が指定された順序で処理することができるため、作業を簡易化します。ProLeiSの製品データマネージメントは、お客様の最初のパーツリストから、最後のドキュメントまで全てをサポートします。


CAD/CAMステーションとビューワーステーションをTebisに統合可能

ProLeiSの製品データマネージメントを使うと、CAD/CAMシステムであるTebisを離れることなく、分かりやすく製造データを管理できます: TebisとProLeiSはインターフェースを介して繋ぐことができます。ProLeiSは自動で、加工処理とNCプログラムの名前をTebisのジョブ管理から引継ぎ、同様の構造を構築します。使い慣れたTebisのCAD/CAMの環境から、ストラクチャーツリーと、ジョブ管理を通してProLeiSと連携を取ることができます。

ProLeiSとTebisの画面を一つのウィンドウに統合オンライン接続で、ProLeiSをTebisを常に繋ぎ、統一された同構造を自動構築します。


製品データマネージメントの集中管理

ProLeiSドキュメントマネージャーのスクリーンショット 製品データマネージメント: ProLeiSのドキュメントマネージャー機能を使って、全ての種類のドキュメントをプレビュー表示できます。  

 

全ての製造プロジェクトにおいて、数多くのドキュメントが作成されます: CADデータ、NCプログラム、NCドキュメント、工具情報、さらに、PDFやエクセル形式のプロジェクト資料等が挙げられます。ProLeiSの製品データマネジメントは、全てのデータをセンター管理します。ProLeiSのサポートを受けながら、関係者全てが重要なデータをプロジェクト及びセットアップ毎に分けて、中央サーバに一括保存するので、データを再度見つけ易くになります。Tebisのユーザインターフェース、あるいはProLeiSのアプリケーションからデータにアクセスすることができます。


パーツリストのインポートとエクスポート

ProLeiSは、エクセルファイル等からパーツリストをインポートし、アセンブリに含まれる全ての部品をストラクチャーツリーに登録します。それぞれの属性を引き継ぎ、自由に構成することができます。Catia V5並びにNXの設計から、直接パーツリストの情報を作成します。さらに、数回のクリックだけでパーツリストを、エクセルファイルとしてエクスポートすることも可能で、これによって製品データマネジメントを簡易化します。

ProLeiSパーツリストビューワーのスクリーンショットパーツリストのプレビュー画面


CADのアセンブリーファイルを、Tebisの個別のCADファイルに自動で分割

ProLeiSの、CADアセンブリーファイル用のSplitterのスクリーンショットProLeiSを使って、完結した一つのアセンブリーファイルから、ブッシュ等の個別CADモデルファイルを自動で作成

Catia及びNXSのオリジナルフォーマットのまま、アセンブリーファイルをインターフェース工程の段階から、自動で個別のTebisCADモデルファイルに分解できます。これをProLeiSで管理し、製造プロセスに展開します。
既存のパーツリストが補完され、CADファイルと結合されます。これにより、長時間の手作業によるCAD形状コピーの手間が省けます。ドラッグアンドドロップでも、ファイルをインポートできます。


規則化されたアクセス権

全プロセスにおいて、一人ひとりの利用者が特定の役割を担っており、それぞれが異なる課題をこなします。従って、個々の利用者は存在する全てのデータの、特定の一部分のみが必要となってきます。ProLeiSでは役割を定義づけ、それぞれの課題に従って、規則的なアクセス権を付与します。これも、優れた製品データマネジメントの一環です。
こらにより、利用者の負担が軽減します: 各自が、該当する必要なファイル及び部分的な課題のみを閲覧することになります。

役割分担で規則化されたアクセス権スタートメニューの画面は、課題と責任に応じ、利用者それぞれに異なるものとなります。


デジタルヒストリー

ProLeiSは、製品データマネジメントの一環としてファイルのバージョン化も行い、常に最新バージョンにアクセスできるようにします。またその一方で、古いバージョンへのアクセスもいつでも可能です。保存されたヒストリーのおかげで、変更の過程を追うことができます。利用者は、後続の工程のためにファイルを承認します。更に、変更が加えられた場合には即時ファイルをロックすることができます。
デジタル化によって、古いドキュメントや間違ったドキュメントを転送してしまう危険も大幅に減少します。


 個別の特殊な要望に応える、現場で実証されたソリューション

Proleisとインダストリー4.0

製品データマネジメント及び製造データ管理のためのProLeiSスターターパッケージは、デジタル化された包括的なプロジェクト計画、並びにプロジェクト管理を開始するための、理想的な第一歩です。インストール直後から、より優れた秩序、信頼性、そして透明性といった利点を実感できます。Tebisは、ソフトウェア、現場でのインプリメーション、そして特殊な状況に対応した研修までを含む、完全なパッケージを提供します。現場では、製品データマネージメント 並びに機械データ管理 の利用から開始することが、プロジェクトのプロセスを完全に再現させる基礎となることが実証されています。
ProLeiSのスターターパケットに関するお問い合わせはこちらまでお願いします。 

 


ProLeiSの製品データ管理 を使うことの利点:

  • 全てのファイルを、最新の状態でセンター管理
  • 作業ドキュメンテーションのロック/リリース機能で、確実なコミュニケーション
  • 誰が何にアクセスしてよいのか、的確なアクセス権利を付与

使いやすい3つのアプリケーション:
 

  • プロジェクトの構造を構築するプロジェクトエクスプローラー
  • ドキュメントを管理するドキュメントマネージャー
  • パーツリストを表示させるパーツリストビューワー

お客様の声:

ProLeiSを使ってプロジェクトデータを管理し、また、設計から組み立てまでの全ての製造計画を行っています。ProLeiSの絶え間ないコントロールコンソールの管理によって、我々だけではなくお客様も、その恩恵を受けています: リソースを最適に割り当て、その結果、確実に期日遵守で製造できます。さらに、一貫した業務データ及び技術データからも利点を得ています。

作業準備担当
Siebenwurst GmbH & Co. Kg、ディートフルト

オーダーアシスタントと計画テンプレートを使って、一つの車両タイプ全体を数回のクリックのみで、計画できるようになりました。これ以上ないほど簡単です。

フランク・エバーハート氏(Frank Eberhardt)、
機械設備製造プランナー Daimler AG、ジンデルフィンゲン


ProLeiSには更に他の機能も備わっています–何かお手伝できることはありますか? 専門の担当者が詳しい説明をいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。弊社からの電話、あるいはメールでの連絡をご希望の方はこちらをクリックして下さい:

 

 

Tebisニュースレターに登録して、最新情報を入手しましょう。

プロセス向けサービス

コンサルティング

厳しい納期のプレッシャー、一層複雑化を増す製品、価格圧力の上昇、専門要員の不足により、今日企業は新たな課題に直面しています。多くの企業は、将来を見据えた対策が整っているか模索し、企業の効率性および競争力を維持することを望んでいます。しかし独自のプロセスを厳密に評価し、改善するための時間やリソースが不足しています。まさにここでTebisコンサルティングがその威力を発揮することになります。Tebisは、製造業に特化した経営コンサルタントを提供しており、モデル、…

詳しい情報