メニュー

ProLeiSによる生産計画

作業工程、作業員、そして工作機を、それぞれのプロジェクトおよび各部品に割り当て

製造が予定されている個々の部品を含めた全ての受注プロジェクトを、期日内に完成させるため、工程設計者はまず初めに、事前計画およびプロジェクト計画 を立て、リソースの計画までを考慮した詳細計画を立てます。ProLeiSは、生産計画に役立つ図解サポート付きのアプリケーションを提供いたします。アプリケーションには、お客様の製造設備と製造プロセスの流れを登録できるようになっています。全てのアプリケーションがProLeiSのデータバンクと繋がっており、常に最新の情報が手に入ります。

生産計画はまず、エクセル等から、パーツリストの構成を取り込むことから開始します。工程設計者は、組み立ておよび完成品のトライアウトを納期に間に合うように開始させるためには、いつまでに、どのパーツが仕上がっていなければならないのかが分かるように、タイムスケジュールのマイルストーンを計画します。続いて、生産計画の一環として、標準化されたCAD/CAM/NCプロセスの中のどれに従って部品を製造すべきか、また、どの従業員がどの加工機を使用して作業に当たるべきかを計画します。


事前計画とプロジェクト計画による生産計画

生産計画の最初の段階において、事前計画を立てる際に、一つの、あるいは同時進行で進められるいくつかのプロジェクトのマイルストーンが設定されます。ProLeiSのプロジェクトプランナーおよびプロジェクトエクスプローラーを使うと、プロジェクトの期間、マイルストーンの個別セクションの詳細、生産稼働率、情報、そして関連データを表示させることができます:

プロジェクトプランナー

プロジェクト一覧で、プロジェクトの期間、マイルストーンの個別セクションの詳細、そして生産稼働率が分かります。

プロジェクトプランナーを使って、事前計画及びプロジェクト計画の全ての機能を実行させることができます。これには、新しい構造の登録、マイルストーンおよび作業テンプレートの追加、そして、特別に迅速で効果的な事前計画に最適な、ワンクリック計画テンプレートによるサポートが挙げられます。

ProLeiS プロジェクトプランナーによる、事前計画およびプロジェクト計画のスクリーンショット

プロジェクトエクスプローラー

一目瞭然の生産計画: プロジェクトの構造を登録した後は、プロジェクトエクスプローラーが、プロジェクトに関するあらゆる情報へのアクセスおよび、ワードファイルやPDF、そして画像等といったあらゆるドキュメントへのアクセスを可能にし、包括的な生産計画に貢献します。


詳細計画とリソース計画による生産計画

生産計画の内容が詰まってくると、工程設計者は詳細計画において、パーツリストの番号と作業内容を、製造予定の部品に対して割り当てます。工程設計者が、個別の部品の製造から、全体の組み立て、そしてトライアウトにおけるまでの、全ての作業工程を含んだネットワークプランを作成します。生産計画がきちんと機能するために、全ての製造ステップをタイムスケジュール付きで指定する際、標準化されたテンプレートを使用します。従業員および工作機の割り当ては、自動の処理能力調整機能によって簡単に行われます。全ての従業員および加工機の受注残が、各自の計画画面で分かりやすく表示されます。

ProLeiSの計画アプリケーションが、快適な各種機能を提供いたします。

パーツリストビューワー

ProLeiS パーツリストビューワーのスクリーンショットエンジニアから引き継いだパーツリストから、どのパーツが製造部品で、どのパーツが購入部品なのかが分かるようになります。

マイルストーン

ProLeiS マイルストーンを使った計画のスクリーンショットマイルストーン機能を使って、プロジェクトのタイムスケジュールを構成することができます。

工程設計

ProLeiS 生産プランナーのスクリーンショット図式形式のテンプレート編集機能で、製造予定の各部品に、標準化されたテンプレートが割り当てられます。こうして、部品製造のためのジョブ管理が作成されます。

生産コントローラー

ProLeiS 生産コントローラーのスクリーンショットここでは、どの機械が、いつ、どの部品製造のために、そしてどのタスクのために稼動するのかが可視化されます。さらに、計画済みの機械と、空いている機械とが表示されます。

プロセスコントローラー

ProLeiS プロセスコントローラーのスクリーンショットプロセスコントローラーは、分析作成のために使用できます。画像に示してあるのは、選択された一定の期間内における、一連の機械の予定稼働率です。

個別の計画画面

ProLeiS 個別の計画画面のスクリーンショット個別の計画画面では、各作業員並びに各機械に、生産計画に従った個別のタスクが表示されます。個別タスクのタイムスケジュールが表示され、同タスクの、プロジェクト全体における位置づけが分かるようになります。作業完了に伴って、作業員あるいは自動化システムが、相応しいステータスを表示させます。


ProLeiSを使った生産計画による、全プロセスの利点:

  • 生産プロセスにおける高い透明性
  • 納期遵守の徹底
  • リソースのより優れた活用
  • 最適化された生産

Tebisは、製造環境の多様性を熟知しており、経験豊富なパートナーとして、現場で実証されたMES ProLeiSを、お客様のご要望に従って柔軟に適応させる自信があります。お客様の機械、システム、そしてプロセスの統合、また、従業員の研修にいたるまでをサポートいたします。ProLeiSの„生産計画“機能を使って、作業工程、作業員、そして工作機を、それぞれのプロジェクトおよび各部品に割り当てます。マイルストーンをお客様自らが設定し、透明性を確保します。現場では、機械データ管理製品データマネージメントそして生産計画の機能の利用を開始することが、プロジェクトの流れを完全に再現させる基礎となることが実証されています。


お客様の声:

我々のインフラストラクチャーは、長期的なパートナーシップと高い品質にかかっています。投資する際は、明らかに向上する生産性によって、すぐに元が取れる必要があります。まさにこの基準にマッチしたのがProLeiSです: ProLeiSによる、最適化された生産計画と、円滑なデータ管理のおかげで、一定期間内に処理できる量が明らかに増加しました。

ルイス・シュナイダー博士(Dr. Louis Schneider)
経営者、Schneider Form GmbH、デッティンゲン・ウンター・テック

オーダーアシスタントと計画テンプレートを使って、車両全体のプロジェクトを、数回のクリックのみで計画できるようになりました。これ以上ないほど簡単です。

フランク・エバーハート氏(Frank Eberhardt)
機械設備製造プランナー、Daimler Ag、ジンデルフィンゲン


生産計画に興味をお持ちですか?弊社からの連絡をご希望のお客様はこちらをクリックして下さい

 

Tebisニュースレターに登録して、最新情報を入手しましょう。

プロセス向けサービス

コンサルティング

厳しい納期のプレッシャー、一層複雑化を増す製品、価格圧力の上昇、専門要員の不足により、今日企業は新たな課題に直面しています。多くの企業は、将来を見据えた対策が整っているか模索し、企業の効率性および競争力を維持することを望んでいます。しかし独自のプロセスを厳密に評価し、改善するための時間やリソースが不足しています。まさにここでTebisコンサルティングがその威力を発揮することになります。Tebisは、製造業に特化した経営コンサルタントを提供しており、モデル、…

詳しい情報