メニュー

プロライズ4.0 – Tebisオープンハウスで世界初公開

06/20/2016

ノルドライン・ウェストファーレン州のエルンテブリュック市に拠点を置くソフトウェアサプライヤー ID GmbH社は、プロセス、ガイド、制御システムであるプロライズを完全にリニューアルしました。このサプライヤーは、ミュンヘン近郊のマーティンスリードに拠点を置き、提携パートナーであるTebis AG社のオープンハウスにてソフトウェアバージョンプロライズ4.0を初公開しました。プロライズは、Tebis CAD/CAMソフトウェアと連結することができます。こうして、さまざまなシステムをネットワークで結び、加工データの集中化が可能になりました。来場者は、実際に対話をしながらソフトウェアの性能に触れることができました。

ID GmbH社は、プロライズ4.0の導入により、製造分野における品質、費用対効果、資源効率性の一層の向上を実現しました。プロライズは、優れた適応性および最新のソフトウェアアーキテクチャを備えた、一貫した組織および計画システムです。このソフトウェアは、金型および鋳型製造における単一生産および小規模連続生産向けに特別に設計されています。メーカーによると、このソフトウェアは最新の情報技術と通信技術が採用されたアプリケーションが搭載されており、インダストリー 4.0への参入に備えるために最適です。

プロライズ-4.0ユーザーインターフェースは、斬新なデザインとなっており、タッチ操作が最適化されています。このシステムは、ウェブインターフェースを通じて、タブレットやスマートフォンなどモーバイルプラットフォームに対応しています。操作が簡単で適合可能な、役割および課題に特化したアプリにより、操作が簡単になりました。アプリケーションおよびウェブサーバー技術により、プロライズ4.0は点在する拠点と外部サプライヤーとの連結がさらに簡単になりました。各プロセスのステータスは可視化され、簡単に読み取ることができ、さらにウェブカムによるミリングプロセスなどのライブ映像も提供されます。

Tebisおよびプロライズによるインダストリー4.0加工では、発注から製品の製造まで加工プロセス中の「インテリジェントコンポーネント」に常により多くの情報が収集されます。ミリングストラテジー、加工時間、セットアップ、必要なミリングツールなどに関する情報は、Tebisから部品によって導き出されます。

原料の準備、購入部品、機械リソース、ミリング加工および取付け期限などのプランニング知識は、プロライズが提供します。加工を始める前に、仮想および現実のすべてのコンポーネントが適時に機械およびアセンブリーワークステーションに準備されます。Tebisとプロライズの連結により、インダストリー4.0の特徴ともいえる、透明性のある情報の流れを備えた非常に柔軟な完全デジタル制御式の製品が実現します。

新しいプロライズVersion 4.0が世界初公開されたTebisのオープンハウスでは、来場者の方々はプロライズの新機能に実際に触れることができました。社内に設置された情報端末ではプロライズソフトウェアをベースにした電子制御システムが紹介されました。また、来場者はタッチスクリーンおよびアプリを使用してテーマスタンドの設置場所および内容を把握し、ウェブカムによる中継映像も見ることができました。


一覧へ戻る

連絡先

データ

文字数: 3.000

画像数: 4

Tebisニュースレターに登録して、最新情報を入手しましょう。

プロセス向けサービス

コンサルティング

厳しい納期のプレッシャー、一層複雑化を増す製品、価格圧力の上昇、専門要員の不足により、今日企業は新たな課題に直面しています。多くの企業は、将来を見据えた対策が整っているか模索し、企業の効率性および競争力を維持することを望んでいます。しかし独自のプロセスを厳密に評価し、改善するための時間やリソースが不足しています。まさにここでTebisコンサルティングがその威力を発揮することになります。Tebisは、製造業に特化した経営コンサルタントを提供しており、モデル、…

詳しい情報