メニュー

さまざまなタイプに複数の要素を選択

すべてのフェースとトポロジーを独自のレイヤーに移動させようと考えています。セレクト機能を使用して、複数の要素を一度に異なるタイプに選択することは可能ですか?

はい。セレクト機能では、要素を選択してさまざまな組合せが可能です。

次の手順に従ってください

1.

例えば、要素を移動させたいレイヤーを有効にし、コンテキストメニューでコマンド「編集」を選択します。マスク「挿入先」が開きます。

2.

上方列の選択マスクで複数選択ボタン「タイプ」を有効にします。

3.

要素タイプ「Face」を選択します。

4.

Ctrlキーまたは切替えキーを押しながら、その他の要素タイプを選択します。この例では、要素タイプ「トポロジー」を追加で選択します。

5.

次にビューウィンドウで選択した要素タイプにそれぞれ1つの要素を選択します。この要素タイプに対応する要素が自動的に選択されます。

注記

選択マスクでは、さまざまな組合せを行うことが可能です。これにより、さまざまな要素タイプで特定の色を用いて、選択を制限することもできます。この場合、複数選択ボタン「Col」を有効にし、次に希望する要素タイプを選択します。

注記

選択フィルターの使用方法に関する詳細情報については、選択マスクで状況依存ヘルプを呼び出します。


連絡先

  •  Ulrike Keller

    Ulrike Keller

    マーケティング・スペシャリスト、ニュースレター / Tipps & Tricks +49/89/81803-0

Tebisニュースレターに登録して、最新情報を入手しましょう。

プロセス向けサービス

コンサルティング

厳しい納期のプレッシャー、一層複雑化を増す製品、価格圧力の上昇、専門要員の不足により、今日企業は新たな課題に直面しています。多くの企業は、将来を見据えた対策が整っているか模索し、企業の効率性および競争力を維持することを望んでいます。しかし独自のプロセスを厳密に評価し、改善するための時間やリソースが不足しています。まさにここでTebisコンサルティングがその威力を発揮することになります。Tebisは、製造業に特化した経営コンサルタントを提供しており、モデル、…

詳しい情報