Title

Description
    01.06.2022

    2022年Tebisオープンハウス―2日にわたり3フロアで展開された充実の内容

    Tebis 4.1の自動化およびMES ProLeiSを使って可能なこととは?専門職の人材不足によりもたらされる困難を少しでも緩和する方法は?参加者はTebisのオープンハウスにてこれらの問いに対する答えを見つけました。

    video thumbnail
    動画を確認する / お問い合わせフォーム
    表示を有効にするには、プリファレンスCookieを有効にしてください。
    Cookieを有効にする
    2022年Tebisオープンハウス

    リードタイム短縮―CAD/CAM自動化―完全なパフォーマンスで確実な加工
    講演、ブース、ソフトウェアデモンストレーションについて:「全てを繋ぐ」が再び2022年Tebisオープンハウスのテーマとなりました。コロナの影響で2年にわたり中止せざるを得ませんでしたが、このほど再び国内外から400名を超える顧客および興味を持たれた方々がTebisの本拠地Martinsriedを訪れました。

    参加者は6月1日と2日に、既存の、そして新しく加わったCAD/CAMプロセスソリューションおよび技術、さらには全プロセスにおける時間短縮の可能性に関するあらゆる情報を入手しました。さらにTebis技術ネットワークに属する多くのパートナーがスタンドにて、それぞれのソリューションを紹介しました。

    課題にチャレンジ: Tebisのスタッフが時間制限内に、テンプレート技術およびその使用方法に関する質問に答えました。

    Tebis 4.1 Challenge: イベントの最大の目玉となったのはユーザーの9つのコンポーネントをそれぞれ1時間内に処理する
    Tebis 4.1 Challengeでした。Tebisユーザー様に、CADモデルをご用意いただきました。それを基にTebisスタッフがTebis 4.1を用いて、CAD処理およびCAMプログラミングに挑戦しました。最長で1時間、スタッフがCADモデルの作業に取り組む様子を公開しました。オープンハウスの参加者は、顧客が持参したマシンデータ、工具データ、部品形状がどのように処理されるかをライブで確認しました。

    その結果、機械加工に必要なツールパスの算出まで含めて、顧客が用意したある程度複雑なコンポーネントを9つ全て、1時間以内に準備し終えることができ、参加者の皆様の好評を博しました。特に興味を持たれたお客様の中には、自らマウスを手に取りTebis 4.1のテンプレート技術を試された方もいらっしゃいました。

    現場の声 - 製造現場のベストプラクティス。
    公演は、両日とも魅力的なプレゼンテーションにより、常に満席でした。クロアチアのTeh-Cut、 Stolz&Seng、Robert Bosch、Riemann、Toyota Gazoo Racing、Schweikert、RöchlingおよびPorsche WerkzeugbauをはじめとするTebisの顧客も参加しました。講話者は、業界の様々なテーマおよびトレンドに関する各自の経験について話をしました。

    適切なソフトウェアシステムの選択やシステム導入の成功の秘訣について説明し、パフォーマンスの向上について報告しました。ビジネスモデルや競争力、金型領域のデジタル化あるいはTebisコンサルティングとの協業などに関するその他のテーマに関する講演も盛況に終わりました。

    自動化、CAMに統合されたNC検証と、最大85%のリードタイム短縮が午後の講演プログラムの主なポイントでした。製品マネジメント、技術サポートおよびインプリメンテーション領域に詳しいTebisの専門スタッフがそれぞれ、Tebis CAD/CAMソフトウェアを用いてプロセス全体をより高度に自動化する方法について説明しました。一貫して高度化を進めるメリットは以下の通りです:データのインポートから製品の完成までにかかる時間を85%まで圧縮できます。

    さらにTebisの専門スタッフがTebisのテンプレート技術を用いた自動化により、スピーディーな作業と確実な製造を同時に実現する方法を分かりやすく示しました。NC検証を装備済みのCAMに完全統合された干渉チェック、テンプレート、バーチャルのセットアップ―プロセスの標準化が、自動化された作業のベースとなります。Tebis 4.1のパラメトリックCADテンプレートを用いると、わずかな情報を入力するだけで、穴加工、傾斜座標、Fillサーフェス、素材を作成。CAMテンプレートは自動化されたCAMプログラミングのデータを処理します。
     

    プレゼンテーション全体を見る

    最後のプレゼンではソフトウェア開発に関する最新のトピックが紹介されました。デジタルの製造現場、デジタルのプロジェクト管理、デジタルに保存されたノウハウによるデジタルトランスフォーメーションが、価格の低減や安全を担保しかつ柔軟な計画を実現し、さらにノウハウや専門職の人材不足などにより課題を克服するために、いかに有用であるかを示しました。 

    プレゼンテーション全体を見る