Title

Description

    Tebisのビューワーシステムを用いた部品の分析と製造の管理

    バーチャルの世界が、リアルなプロセスをサポート

    Tebisのビューワーシステムは、バーチャルのCAD環境を、計画、製造および組み立ての実際のプロセスと結び付けます。TebisのCADファイルとそこに含まれる全ての情報を表示して、部品の分析を可能にします。こうして全ての従業員が常に、最新バージョンのデータにアクセスできるようになります。計画から組み立てに至るまでの情報伝達フローが向上され、無駄な確認作業をなくし、円滑なフローが実現されます。ビューワーは、CAD/CAMの経験が浅いユーザーでも簡単で直感的に使いこなせる作りとなっており、例えばコスト計算や工具の組み立ての際に役立ちます。

    NCを活用した製造においても、Tebisのビューワーシステムは多くの利点をもたらします。工具の配置に際してまず適切な工具が用意され、また、工具、セットアップ、そして全てのNCプログラムが加工機上でどのように動くのかなどといった、製造に関する全ての重要な情報が機械オペレーターに伝達されます。ビューワーシステムは任意の大きな部品に対応しており、拡張モジュールを追加することができます。

    製造のペーパーレス化
    重要な情報を直接部品から取得し、デジタルドキュメントを作成
    信頼の置けるコスト計算
    3DのCADモデルにアクセスして、いつでも最新の情報と分析結果の取得が可能に
    確実な情報伝達フロー
     常に最新バージョンの情報を全員に伝達
    簡単な操作
    CAD/CAMの経験が浅いユーザーでも、簡単で確実に操作可能

    機能について:

    • データのインポート、表示、整理、構成、コメントの追加
    • 3次元モデルの寸法定義(座標値、長さ、直径など)および、サーフェスの面積と体積の算出
    • CAD形状および品質の分析(スロープ、曲率、平面、フィレット、不具合箇所)
    • 自動修正可能なサーフェスの不具合箇所のプレビュー(リスク、セグメント、隙間)
    • デザインバージョンの比較
    • 交線カーブを対話式で作成
    • 製造関連のデータベースにアクセス(工具、バーチャルマシン、加工工程)
    • ジョブ管理での、加工パラメータを含むNCプログラムの表示と、NC情報の呼び出し
    • ツールパスをシミュレートして干渉をチェック
    • ツールパスの技術的な数値を調整
    • ポストプロセッサを介してNCプログラムを出力
    • XML形式でNCを文書化
    • 加工機、セットアップ、工具に関する情報を取得
    • 切削シミュレーションで加工結果を確認

    Tebisのビューワーシステム

    分析に最適なビューワー(スタンダード)

    コスト計算、製造そして組み立ての際に、バーチャルの3Dモデルから情報を取得して、図面やドキュメントを用いずに、ペーパーレスで作業を行うことができます。Tebisのビューワーを用いて部品の最新情報にデジタルでアクセスし、TebisのCADファイルに基づいて、直接分析ができるようになります。

    • 様々な選択肢の中からパーツの表示方法を選択
    • マルチウィンドウオペレーション
    • 製造部品と購入部品に関する重要な情報を迅速に算出
    • 座標値、長さ、直径などといった寸法を取得
    • 曲線と点の編集および加工
    • コメント機能の使用

    CADが統合されたビューワー(プロ)

    この中間レベルのビューワーは全ての部署と部門で、曲線向けのCAD機能および、形状分析と品質分析のための豊富な種類の機能への迅速なアクセスを可能にします。こうして製造を計画し、一貫して確実に加工できるようになります。変更が行われた際には、ファイルを比較して、重要な詳細情報を素早く算出できます。ユーザーは、製造環境および製造ノウハウが保存されているプロセスライブラリーに基づいて計画を立てます。

    • 曲線を自由に生成、編集、変更
    • 3Dモデルの寸法を定義し、サーフェスの面積と体積を算出
    • ファイルの比較
    • CAD形状およびCAD品質の分析:スロープ、曲率、平面、フィレット、不具合箇所の算出
    • サーフェスの面積と体積の分析
    • 自事前に修正可能なサーフェスの問題を自動的にチェック
    • ビューワー スタンダードの機能を全てカバー

    CADおよびNCジョブ管理が統合されたビューワー(NC)

    TebisビューワーNCを用いると、一貫してデジタルでNC加工を行うことができます。機械オペレーターは、CADの素材形状、CADの完成品形状、クランプおよび工具などといった製造に関する全ての重要な情報にアクセスできます。指示に基づいて工具を変更します。どのようなプログラミングであっても、実物そのままにツールパスをシミュレートすることで、干渉を回避した加工が保証されます。

    • 製造に関連するプロセスライブラリーにアクセス(工具、クランプ、バーチャルマシン、加工工程)
    • 機械、セットアップ、ツールに関する情報を、必要に応じて変更
    • ジョブ管理での、加工パラメータを含むNCプログラムの表示と、NC情報の呼び出し
    • ツールパスをシミュレートして干渉をチェック
    • ツールパスの技術的な数値を調整
    • NCプログラムのチェックと、適切な制御形式での出力
    • XML形式でNCを文書化
    • 切削シミュレーションで加工結果を確認
    • Tebisビューワー・スタンダードおよびProfiの機能を全てカバー
       

    関連情報

    無料でご利用出来ます:Tebis ブラウザ

    社内での情報共有やサプライヤーとのコミュニケーションのために、TebisのCADモデルファイル専用の3Dファイルビューワー、Tebisブラウザを無料でご使用いただけます。当ウェブサイトからダウンロードできます。

    Tebis ブラウザのダウンロード
    スムーズなデータ交換のためのCADインターフェース

    ダイレクトインターフェースと標準インターフェースで、他のCADシステムとのデータ変換を可能に。TebisのCADインターフェースにより、スムーズで非常に信頼性の高い双方向のデータ転送を実現します。

    詳しく見る
    製造用CADモデルの準備

    NC加工用のCADモデルをより良く準備できればできる程、NCプログラミングの工数を削減することができます–TebisのNCプログラミングは多くの場合、全自動で実行されます。

    詳しく見る
    CNCシミュレーター
    TebisのCNCシミュレーターを用いて、CNCプログラミング環境で、NC加工を完全に計画、プログラミング、そしてチェックすることができます。なぜなら、工具、機械、クランプからユニットまで含め、お客さまの現場に実際に存在する全てのコンポーネントを、実物に忠実なバーチャルモデルとしてバーチャルのプログラミング環境に保存することができるからです。 ...
    詳しく見る