Title

Description

    オペレーションデータに基づき製造をコントロール

    企業の包括的なオペレーションデータを評価し、参考にすることで、効率的な作業プロセスと製造プロセスが実現されます。

    ProLeiSの、自動化されたすきまのないデータ収集により、責任者はリアルタイムで、中立的かつ正確に製造状況を把握することができます。タブレットを用いて作業プロセスを把握することも可能で、何かあった場合には、直接メッセージを受け取ることができます。 

     

    MESソフトウェアがあらゆる現状のデータを収集し、ダイナミックなダッシュボードで重要な指数を表示します。どこに手を入れて規制をかける必要があるのかが分かるようになります。

    製造現場から自動で発信されるフィードバックにより、実際原価計算の質が向上します。プロセスのエラーを最小限に抑えて、機械稼働率を高めることができます。

    一目瞭然
    自動で分類されるフィードバック • 数値を図で解釈 • 最適化の可能性を速やかに認識 
    持続性
    継続的ですき間のないデータ収集 • 経過および目標達成状況を評価 • 確実な事前計画
    客観的
    多くを語る数値と最新のデータ • 信頼の置ける判断材料 •策略の効果を検証

    機械を最大限に活用

    技術に関するオペレーションデータ:機械のデータが教えてくれること

    ProLeiSの機械データ収集はリアルタイムで行われます。MESが分かりやすいグラフと統計で、お客様の製造データの透明性を確保します。ウェブカメラを通して、機械に関わる全ての作業を、ライブで確認することができます。

    機械規制

    ProLeiSで機械を選択し、位置移動の速度や送り速度、あるいは回転数などといった計測値を直接知ることができます。これらのデータに基づきエラーの原因を突き止め、改善方法を検討します。

    機械ステータス

    ProLeiSのバーチャルの工場見取り図とその信号システムにより、現場にいなくても、どの機械が稼働してどの機械が休止しているのか、あるいはどの機械に問題が生じているのかなどといった、最新のステータスを知ることができます。非稼働時間モニタリングにより、機械が停止している理由を把握できます。起こりうるリスクを早期に発見し、より詳細な分析を行うための基礎を固めます。

    機械稼働時間

    ProLeiSに、機械の稼働時間に関するフィードバックが送られてきて、これが自動で進行中の作業工程のもとに記録されます。.こうして、作業工程、製品、プロジェクトごとの、個別の実質作業時間を確認できるようになります。

    プロセス規制

    ProLeiSを用いて、機械稼働率および機械の利用可能性に関する正確な情報を手にすることができます。非稼働時間を特定して、製造プロセスを積極的に操ることができます。例えば、無人製造を効率的に行える場所があれば、それが分かるようになります。

    ステータスおよび非稼働時間:ある加工機の、特定の期間内における稼働時間の内訳

    データを参考にして、プロジェクトをより効率的に遂行

    組織に関するオペレーションデータを用いて、計画と現実のズレを分かりやすく把握

    全てのオーダーの評価結果のまとめ:作業員および機械が実際に要した時間と、計画された時間との比較。

    ProLeiSで、全ての受注オーダーおよび、個別の製造オーダー、移動オーダー、そして調達オーダーの進捗状況を追跡することができます。さらに、作従業員の作業時間を確認し、材料の在庫に関する情報を知ることが可能です。

      フィードバック:時間および在庫を自動でプロジェクトに紐付け

      • ProLeiSが機械から直接、実際の稼働時間の情報を受け取り、該当するプロジェクトのもとに記録されます。
      • 従業員は、プロジェクトの作業に要した時間を速やかに、個別の画面上で、ストップウォッチを用いて記録します。
      • 在庫に関するフィードバック

      先読み:タスクを自動で分類

      • 人事計画:ProLeiSが、従業員の技術、作業時間、勤務状況、稼働率に応じて、自動で従業員にタスクを割り当てます。
      • 機械の割り当て計画:ProLeiSが、機械の性能、性質および稼働率に基づいて、自動で機械をオーダーに割り当てます。
      • 材料計画:ProLeiSが製造状況および保管場所に関する情報をとりまとめ、素材、工具および台車を、該当するオーダーに振り分けます。

      製造管理について、多くを語る指数

      評価:個々の作業工程からプロセス全体に至るまで

      ProLeiSはワンクリックで詳細な生産能力プロフィールを生成します。実際にかかった作業時間と、計画されていた時間との比較により、なぜロスが生じたのかが、その最たる原因が分かるようになります。

      MESソフトウェアを用いて、スケジュールの遵守性、設備稼働率、時間とコストの差異といった観点から、製造プロセスを詳細に分析します。評価結果に基づき、マイルストーンを用いたその後の計画の質を向上させ、より効率的に製造できるようになります。

      全ての装置の総合的な効率性に興味がありますか?ProLeiSが下記の通り、よくある疑問を解消いたします。

      • 利用可能性:なぜオペレーション時間の100%が製造に費やされなかったのですか?
        ⇒不具合、メンテナンス、オーダーの不足、人員不足。
        非稼働時間モニタリングに関する情報、技術的並びに事務的なオペレーションデータ、そして品質管理にアクセスして確認して下さい。
      • 性能:なぜ100%計画された通りのスピードで作業が行われなかったのですか?
        ⇒例えば、部品の不足や不適切な工具が原因で遅延が生じます。
        非稼働時間モニタリングに関する情報、品質管理および生産計画にアクセスして確認して下さい。
      • 品質:なぜ製造された製品全てが品質水準を100%満たさなかったのですが?
        ⇒古いデータ、問題のあるNCプログラム、後から施された変更。
        品質管理のデータを参照して下さい。

      典型的な個別部品生産工場であるBMW Groupの金型製造工場では、「インテリジェントコンポーネント」をベースとしたインダストリー4.0の全自動加工システムが、すでに導入されています。このプロセスではTebisとProLeiSのソフトウェアコンポーネントが採用されており、製造セルではトリムスチールやフランジプレートなどの小型部品が毎年10,000個、大幅に自動化されて生産されています。

      ヨーゼフ=ペーター・ガレンベルガー氏、BMW Group、ミュンヘン及びディンゴルフィンクの金型製造前工場長

      バーチャルの工場見取り図 

      小さなダッシュボード - 大きな効果

      ProLeiSにお客様の製造工場および倉庫をバーチャルに再現することで、全体をより良く把握し、必要な情報に簡単にアクセスできるようになります。

      含まれているもの:

      • 部署、加工機、保管場所
      • 対象物をクリックすると、関連する情報が閲覧できます(例:倉庫の割り当て、次に計画されている工程、進行中の加工機の作業内容)
      • 加工機あるいは工場のウェブカメラの画像
      • 素材や標準部品の簡単な倉庫管理
      バーチャル上の工場見取り図:色つきの丸で、機械の最新のステータスを表示します。クリックすると、同じ画面上でより詳しい情報が確認できます。

      ProLeiSが提示する、役に立つ指数

      受注プロジェクトの残りの作業期間

      受注したもので、まだ作業を開始していないプロジェクトの作業に必要な日数を確認できます。受注しているプロジェクトの数が多ければ安定性が保証されますが、顧客にとっては長い待ち時間を意味します。受注残の数が安定しない場合は、将来を見通した、信頼の置ける生産能力計画を立てることが重要です。それぞれのプロセスの残りの作業期間を算定し、現場がスムーズに回らなくなる可能性を早期に発見できます。

      オーダーの種類

      オーダーの種類とその売り上げ額ごとの分布を確認することは、ワークフローと企業の方向性をより良く構築するのに役立ちます。同じ金型製造でも、プロジェクトごとに様々な水準を満たす必要があります。修理の場合は迅速なプロセスが、新規金型製造の場合は、長期的な加工機の使用を見据えた上での効率的な加工が、そしてメンテナンスの場合は、可能な限り短時間での作業が求められます。必要があれば、お客様の企業に相応しい形で、オーダーの種類を新たにミックスすることができます。 

      装置の総合的な効率性
      (英語:Overall Equipment Effectiveness)

      ProLeiSのオペレーションデータを用いて、企業の包括的な能率を指数化し、これを、装置による価値創造に役立たせることができます。装置の総合的な効率性。それぞれの企業に合わせて独自の計算が行われます。ProLeiSを用いて、機械の利用可能性および性能、そして製造品質に関する重要なデータを手に入れることができます。

      興味がおありですか?

      失敗から学ぶ - 品質管理

      エラーや不具合を認知・追跡して初めて、問題は根本的に解決されます。ProLeiSは、製造プロセスで発生した障害の把握を自動で行い、その対策を講じるために役立ちます。これにより、脆弱性を排除し、リスクの回避に繋がります。

      詳しく見る
      正確な生産計画行うことに価値があるその理由

      パーツリストに基づいて単一部品の生産計画を行うことで、正確性を高めます。詳細な一覧および明確なワークフローにより、生産管理が簡単になります。その結果、ミスの減少、迅速な処理、そして高い柔軟性を実現。MES ProLeiS がより高い透明性を確保し、最適化された組織を作り出します。

      詳しい情報
      ProLeiSのインターフェース
      MESソフトウェアのProLeiSが、高性能なインターフェースを介して、他のソフトウェアシステムのデータを読み込みます。MESが、お客様の機械、ERP、PLMそしてCAD/CAMソフトウェアを結び付けます。Tebisユーザーはソフトウェア間を移動することなく、連結しているオペレーティングシステムにより、製造ファイルを管理することができます。インターフェースを介して、信頼性の高い、最新のデータの交換が行われます。 ...
      詳しく見る
      MESソフトウェアのProLeiSに関して質問がございますか?

      どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。ProLeiSの専門家がお客様の疑問を解消いたします。

      お問い合わせはこちら