Title

Description

    3D加工による粗取りおよび仕上げ

    プレミアムなサーフェスを実現する、信頼性と効率性の高いパス

    様々な3D加工の手法を用いて、粗取り、仕上げおよび隅部加工向けの、3軸および3+2軸NCプログラムを生成することができます。計算の段階から干渉回避します。使用状況に応じて、工具セットが自動で干渉を回避したり、リスクのある領域を縮小したりします。緻密なシミュレーション技術と、なめらかに傾斜調整されたNCパスとの組み合わせで、加工機の軸構成に最適な、3D加工向けのツールパスが実現されます。 

    高性能
    最新の高性能HPC、HFC、異形工具などを最適に活用し、最高速度と工具寿命のメリットを享受。
    簡単な操作性
    特別に快適な、Tebisのテンプレート技術とプロセスライブラリーの組み合わせ。 
    卓越したサーフェス品質
    Tebisを用いて直接サーフェスを加工し、NC構成点を精密に配置。 

    3軸加工の最も重要なストラテジー

    • サーフェスからダイレクト演算
    • 一貫したストックモデルの計算
    • 工具に優しい等高線粗加工
    • 面上一定の3Dピッチ仕上げ
    • ストックモデルを参照した正確な加工残り量の処理
    • 製品のキャラクターラインに沿った加工
    • 高さごとに分類されたフィレット加工
    • 自動化されたリブおよびスロットの加工

    粗加工時の無駄な動作の回避

    迅速で簡単に、任意の被削材を指定できます。様々な方向から被削材を加工することが可能です。これにより、計算にかかる手間が大幅に削減されます。素材はアップデートされ、次の工程に展開されます。常に実際の切削形状に従ったアップデートが行われます。安全で確実に、実際に被削材が存在している部分だけが加工されます。 

    Tebisの3D加工では様々な両刃加工の対処方法およびフルカットの回避機能を選択できます: 状況に応じて、両刃加工の領域がトロコイドで加工されたり、あるいは両刃切削なしで、形状に適応したパスのレイアウトが自動で調整されたりします。HPC加工によるアダプティブな粗取りにも最適です。全てのパスレイアウトが自動でスムージングされます。このようにして、送り速度も更に最適化されます。 

    トロコイドを使った両刃加工の対処方法
    最適な加工能力を発揮するために、任意の3D加工ストラテジーとツールを組み合わせ

    最高のサーフェス品質をもたらす仕上げ加工

    Tebisの最適化された3Dピッチ機能 を用いると、3D加工において、平面でも勾配が大きい領域でも、面上一定のピッチが保たれます。また、勾配によって自動で部品の領域が分割され、各領域がそれぞれ特殊な加工方法および工具によって加工されます。Tebisのテンプレート技術と組み合わせることで、自動化されたNCプログラミングのための最高の条件が揃います。

    高品質のツールパスHSC構成点配列によって、最適なNC構成点がサーフェス上に配列されます。アウトプットされたツールパスが確実にお客様の機械コントローラーに適応するように、構成点を配列させることができます。その他の利点: 多面の代替モデルを使用することなく、サーフェスを直接加工できます。

    加工領域を正確に算出:Tebisの工具形状の輪郭は、実際に使用される工具の輪郭と一致します。お客様のHFC高性能カッターが秘める可能性を、仕上げにおいても是非ご活用下さい。

    3D加工における、最適化された3Dピッチ機能

    HSC構成点配列

    特定の機械に対応させて操作

    ツールパスおよび高さを最適化した隅部加工

    例えばフィレットや複雑な溝など、課されたタスクに応じて、3D隅部加工向けの特別な各種ストラテジーをご用意しています。ツールパスや高さが最適化されたNCプログラムによって、機械稼働時間が短縮されます。加工領域の正確な計算によって、隅部加工においても利点が生まれます。 

    3D加工で効率的に隅部加工

    同一のセットアップでアンダーカットを加工

    アンダーカット領域の、キーカッターおよびボールカッター を用いた多面加工で、同一のセットアップにおいて製品を完全に加工することができます。  可能な限り短い工具で、非常に卓越したサーフェス品質が実現されます。  

    干渉を回避したNCプログラムをスピーディーに作成

    Tebisは既にNC計算の段階において、完全自動で干渉を検知します。非常に多彩な干渉回避のためのソリューションは、それぞれの加工状況に応じて最適化されています。

    実際のマシンヘッドの形状を完全に考慮した上での、領域の縮小

    マシンヘッドが干渉する可能性がある場合は、切削領域 が自動で縮小されるか、あるいは該当する領域が切削領域から除外されます。安全性が高まり、どのような加工タスクであっても、可能な限り最短の工具を使用することが可能になり、さらに最適な切削条件が保証されます。
    領域の縮小機能を用いない場合は干渉が発生
    自動の領域縮小機能を用いることで、干渉が回避される
    「バーチャルマシンを用いたプログラミング」のライセンスを使用することにより、工作機の可動域内で、計算しながらヘッドあるいはテーブルを、C軸を中心としてインタラクティブ回転させることができます。ヘッドの形が左右非対称な場合に特に大きなメリットが生まれます: 選択された工具を用いて取り除くことができる最大限の量の被削材が削り取られます。加工残り量が必要以上に多くなることがありません。領域を縮小させる際に、インタラクティブな回転運動が直接考慮されます。 
    C-軸を回転させない場合に取り除くことができる最大限の被削材
    C-軸を回転させると、明らかにより多くの素材を取り除くことができるようになる

    同時5軸の干渉回避

    3+2軸向けにプログラミングされたNCプログラム は、 同時5軸加工でも、工具ホルダーと製品の干渉を自動で回避します。このようにして、例えば電極深溝のある製品でも、短い工具を用いて最適に加工することができます。

    索引付きの隅部加工プログラム

    索引付きの隅部加工プログラムも同様に、完全に自動で計算されます。こうして工作機上の加工時間短縮され、より優れた表面品質が実現されます。

    インタラクティブな機能が保証する、高い柔軟性

    その他の利点: 傾斜軸はいつでも対話形式で調整できるため、高度な自動化レベルにおいても柔軟性が確保されます。

    お客様の声

    Hoch spezialisiert und vielseitig zugleich

    "Mit der Entscheidung für Tebis haben wir genau ins Schwarze getroffen. Von Anfang an haben uns die vielen Frässtrategien für verschiedene Anwendungsbereiche begeistert. Auch die Kollisionskontrolle ist sehr genau und besser als bei anderen Systemen."

    Richard Kurz, NC-Programmierer

    Wethje Carbon Composites GmbH, Hengersberg, Deutschland

    Anwenderbericht lesen
    Gewinnbringend Grenzen überschreiten

    "Tebis hat uns geholfen, hervorragende und sehr verlässliche Oberflächenqualitäten zu erzielen. Es lässt sich problemlos erlernen und anwenden."

    Delko Prebeg, Chief Operation Officer

    Omega Tool Corporation, Oldcastle, Ontario, Kanada

    Anwenderbericht lesen
    Große Bauteile deutlich schneller bearbeiten

    "Die Programmierung von Fräsarbeiten mit 3+2-Achsen ist in Tebis deutlich einfacher als in den anderen Software-Produkten, die wir uns angesehen haben. Und darum sagen unsere Leute hier, dass sie mit der anderen Software nie mehr freiwillig programmieren würden."

    Mickey Guckian, CAD/CAM-Manager

    Century Tool & Gage, Fenton, Michigan USA

    Anwenderbericht lesen

    こちらもご覧ください

    関連テーマ

    CAM-Software für viele Fertigungsverfahren

    Mit der Tebis CAD/CAM-Software lassen sich schnell, einfach und automatisiert kollisionsfreie NC-Programme für zahlreiche Fertigungsverfahren erzeugen – inklusive Bohren, Fräsen, Drehen, Drehfräsen, Roboterfräsen, Beschnittfräsen, Senkerodieren, Drahterodieren, 3D-Laserschneiden, Laserhärten und Laserauftragsschweißen.

    Mehr erfahren
    CNC Automation
    Tebis Automill® wertet das digitale CAD-Bauteilmodell aus und greift zur Berechnung der NC-Programme in eine zuvor hinterlegte Struktur aus digitalen Abbildern der im Unternehmen vorhandenen Fertigungsumgebung und des in Schablonen hinterlegten Fertigungswissens.
    Mehr erfahren
    CNC Simulator

    Mit dem Tebis CNC-Simulator planen, programmieren und prüfen Sie Ihre NC-Bearbeitung vollständig in der Tebis CNC-Programmierumgebung. Denn alle Komponenten Ihrer realen Fertigungsumgebung – inklusive Werkzeugen, Maschinen, Spannmitteln und Aggregaten – sind absolut detailgetreu als digitale Zwillinge in der virtuellen Programmierumgebung hinterlegt. 

    Mehr erfahren
    5-Achsen-Fräsen

    Mit Tebis 5-Achs-Fräsen nutzen Sie die Potenziale Ihrer wertvollen Hochleistungsmaschinen voll aus. Alle mehrachsigen Bearbeitungen lassen sich schnell kollisionsfrei planen und berechnen. Simultane 5-Achs-Strategien, die genau auf bestimmte Fertigungsaufgaben abgestimmt sind, machen die NC-Programmierung – gerade in Kombination mit der Tebis Schablonentechnologie – sehr einfach. 

    Mehr erfahren
    2,5D-Fräsen

    Die prismatische Bearbeitung lässt sich mit der Tebis Schablonentechnologie auf Basis von individuellen Prozessbibliotheken vollständig automatisieren. Die Programmierung an der Maschine entfällt, die NC-Programmierung am Tebis Arbeitsplatz ist denkbar einfach.

    Mehr erfahren
    Rippen- und Nutenbearbeitung

    Automatisierbare CAD- und CAM-Funktionen machen die Rippen- und Nutenbearbeitung sehr einfach. Alle Bereiche, die sich für die Nutenbearbeitung eignen, erkennt das System automatisch und teilt sie in Kategorien wie Boden, Flanken und Radien auf. Anschließend lassen sich diese Bereiche schablonenbasiert mit geeigneten Strategien bearbeiten.

    Mehr erfahren
    Hocheffizient Schruppen

    Mit speziellen HPC-Werkzeugen lässt sich beim adaptiven Schruppen im Vergleich zur konventionellen Schruppbearbeitung durch sehr hohe Schnitttiefen über 60 Prozent Zeit sparen. Das Bahnlayout passt sich ohne Vollschnitt vollständig an die Geometrie an. 

    Mehr erfahren
    Kreissegmentfräser

    Kreissegmentfräser verfügen über eine spezielle Geometrie, mit der Sie beim Vorschlichten und Schlichten im Vergleich zur Bearbeitung mit Kugelfräsern bis zu 80 Prozent Zeit einsparen. Tebis unterstützt alle Typen dieser effizienten Hochleistungswerkzeuge – denn jedes Werkzeug ist absolut detailgetreu in der virtuellen CAM-Umgebung abbildbar. 

    Mehr erfahren