Title

Description

    競争に勝つための品質管理

    失敗から学び、プロセスを改良

    金型メーカーは、競争力のある価格で市場に商品を供給し、継続的に生産を最適化する必要があります。ProLeiSの品質管理機能は、発生した障害を検出し、原因を解明・修正するのに役立ちます。

     

    ProLeiSがお客様のプロセスを継続的に改善します。障害が発生した箇所を記録し、最適化のためにどのような措置を取るべきかを示します。

    効果的な品質管理により、金型メーカーは長期的な競争力を確保できます。

    自動化
    リアルタイムのエラーメッセージ • 原因の解明 • 最善の対応措置の表示 • 対応後に発生する再見積もり 
    持続可能
    継続的な記録 • 系統的なエラーマネジメント • プロセスの最適化 
    防止措置
    カスタマイズされた方策カタログ • 計画段階における、既知のエラーの回避  

    障害を自動検知 

    一時的な修正はもう必要ありません

    ミスはつきものですが、間違いを改善のためのチャンスと捉え、ProLeiSを用いて、最適な状態からの大小さまざまな差異を自動で把握しましょう。根本原因研究を含む障害の記録と追跡は、しばし管理が困難です。ところがProLeiSは違います。品質管理用のテンプレートが保存されており、把握および追跡が簡単に行われ、そのための時間はほとんどかかりません。

    ProLeiSはエラーマネジメントを自動化し、お客さまの負担を大幅に減少させます。

    エラーメッセージと把握
    ProLeiSは自動で、製造プロセスの障害を自動的に報告します。これらは直接、特定のプロジェクトおよび工程に紐付けされています。従業員は迅速に反応して問題点を明確にし、問題解決のための措置を取ることができます。

    カテゴリー化と説明
    ProLeiSでは「機械」や「CAMプログラム」、あるいはその他のカテゴリーなど、様々な選択メニューの中から、障害の原因を選べるようになっています。これによりエラーをワンクリックで分類し、より正確に描写できます。エラーに関するコメント、写真、その他のドキュメント等で、従業員が内容を補足します。

    フィルターとレビュー
    ProLeiSが提供する多彩なフィルター機能を用いて、全てのエラーを迅速にまとめて確認することができます。あるプロジェクトに関するエラーのみを取り出したり、あるいは、プロジェクトを超えて、同じ原因により繰り返し発生するエラーをフィルターにかけることができます。

    従業員は、エラーを詳細にカテゴリー分けしてProLeiSに登録します。
    チームリーダーは、エラーおよび対応措置に関する全ての情報を把握することができます。

    原因の究明および問題の解決

    エラーに付加価値をつけ、継続的な改善を促す

    エラーの原因は様々ですが、それが詳細に調査されて記録化されることは中々ありません。金型破損、必要なデータのミス、素材に関するミス、あるいはプロセスフローにおけるミスなどは、発生して初めてその原因を探ることになります。原因究明することでエラーに価値が生まれ、プロセスを持続的に改善することができます。

    ProLeiSが原因究明のお手伝いをします。

    分析 
    ProLeiSはカテゴリー化されたエラーを基に分析を行います。ProLeiSが、繰り返し発生するエラーを識別するため、障害の原因を検出することもできます。原因を詳細に特定できないエラーは、ProLeiSが統計的な断層分析を行います。

    修正
    エラーあるいはその原因となるシステムが特定されると、的確に具体的な対応措置を取り、ProLeiSが、問題を取り除くために必要な、追加のプランニングプロセスを作成します。このプランニングプロセスは特定のプロジェクトに紐づいているため、問題解決のために追加された作業工程をいつでも確認することができます。

    追跡
    実施された対応措置のステータスを追跡し、その結果を記録します。ProLeiSは、エラーの原因が正常に修正されると、エラーマネジメントが完了したとみなします。それと同時にProLeiS内に対応措置のカタログが作成され、評価および期間に関する情報を盛り込みます。

    予防的な品質管理

    今日の障害は明日の成功です

    日常の焦点は、直接的な品質の確保に注目されますが、ProLeiSであれば、持続性にもフォーカスを当てることができます。回数を重ねるごとに製造プロセスを継続的に最適化し、テストと修正の費用を最小限に抑えます。つまり、より効率的な製造を実現します。

    ProLeiSは常に学習し、適切な対応措置を施します。

    対応後の再見積もり 
    ProLeiSで、記録されたエラー、カテゴリー、そして原因を長期的に評価します。障害の原因が部品やプロセス、機械のエラーでも、プロジェクト、工具、あるいはサプライヤーなど、様々な局面から評価することができます。追加コストと、問題の解決のために要した時間のロスが自動で把握され、再見積もりの際に表示されます。

    防止
    ProLeiS環境内に、問題発生時に使える、独自の対応措置カタログが生成されます。従業員はカタログの中から役に立つ対応措置を見つけ、参考にすることができます。エラーが繰り返し発生する場合に、ProLeiSが該当する措置を新たに出力するように設定することができます。

    問題の修復にかかったコストはまとめられ、再見積もりの際にそれが分かるように表示されます。

    こちらもご覧ください

    指数に基づき製造をコントロール

    ProLeiSが機械のデータを、製造に関する役立つ情報に変換します。事務的なデータと組み合わせることで、企業全体の役に立つKPIを迅速に手に入れることができます。ダッシュボードで、お客様の企業にとって重要な要素を確認することができます。

    詳しく見る
    製品データマネジメント - 明瞭性を向上させるための基準
    データとは、貴重なデジタルの資源です。ProLeiSに個別に設けた条件に従い、データの取り扱いに関する基準を守ることで、プロセスの信頼性が確保されます。ProLeiSの製品データマネジメント機能を用いると、全てのチームが、それぞれのタスクに必要な、最新の正しいデータを手に入れられるようになります。...
    詳しく見る
    ProLeiSのインターフェース
    MESソフトウェアのProLeiSが、高性能なインターフェースを介して、他のソフトウェアシステムのデータを読み込みます。MESが、お客様の機械、ERP、PLMそしてCAD/CAMソフトウェアを結び付けます。Tebisユーザーはソフトウェア間を移動することなく、連結しているオペレーティングシステムにより、製造ファイルを管理することができます。インターフェースを介して、信頼性の高い、最新のデータの交換が行われます。 ...
    詳しく見る
    ProleiSに関してご質問ございますか?

    お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせはこちら