Title

Description

    金型のCADサーフェスにおけるスプリングバック補正

    包括的なサーフェスモーフィングでトライアウトの時間を短縮

    シートメタルの弾性特性は、シートメタルの部品変形後にスプリングバックを引き起こします。そのため、金型の見込み量を盛込んだ形で作成し、弾性変形により希望の形に跳ね返されるという形で補正されるようになっています。手動で金型を研磨してスプリングバック補正を施す場合、トライアウトに膨大な時間がかかります。更にプロセスの信頼性も保証されません。

    従ってTebisはグローバル変形規則を適用し、FEM分析、測定、スキャンデータあるいは経験値に基づき、全自動でそれぞれのサーフェスをモーフィング出来るようにしました。こうしてスプリングバック補正が行われ、修正ループの回数も最小限にまで減らすことができます。セグメント化、多項式の次数、そして接線性などといった品質に関わるサーフェス特性は、CADに基づいた「モーフィング」機能で、変形規則に合わせて最適に適応します。分析機能は、変形規則の遵守性と、変形後のサーフェスの品質を表示させることができます。

    大幅な時間短縮 
    トライアウトでの、仕上げ作業と修正サイクルの短縮
    優れたプロセスの信頼性
    予測、モーフィング、そしてモーフィング後の分析から成る機械学習システム
    高いCAD品質
    アクティブサーフェスデザインおよび金型設計の要求を満たす、変形後のサーフェスの品質

    豊富な種類の変形規則

    Tebisは、様々な方法で変形規則を定義することができます。全てのモーフィングは組み合わせることが可能です。

    シミュレーションシステム

    シートメタル変形シミュレーションに特化したFEMシステムがスプリングバックをシミュレートし、2つのポリゴンメッシュを生成します。Tebisはこれを使用し、金型のアクティブサーフェスに該当する領域を全自動で変形します。

    経験則

    スプリングバックがシートメタルに及ぼす影響と、補正に対する知識が存在している場合は、希望の変形フォームを表現したサーフェス(背景の図)を使って、モーフィングを実施することができます。更に、ベクトルと回転に関する規則を指定できます。

    測定結果

    トライ品のスプリングバックから導き出された測定点を基に、希望の製品目標値までの距離を算出し、これを金型のCADサーフェスを全自動で補正します。

    スキャンデータ

    シートメタル部品のスキャンデータと金型のCADサーフェスを比較することで、スプリングバックの発生個所が分かります。変形規則を設定する際には、スキャンプロセスのメッシュを使用します。また、シートメタル部品のスキャンデータは、Tebis のサーフェスにすばやく簡単にリバースエンジニアリングできます(Tebisのリバースエンジニアリングを参照)。

    成形シミュレーションを使用したアウターサーフェスのモーフィング

    シミュレーションシステムのインターフェースを用いて、スプリングバックの予測をTebisに読み込ませ、CADサーフェスを自動的にモーフィングします。オリジナルのサーフェスが良質であれば、モーフィング後のサーフェス品質も良くなります。Tebisは、CADサーフェスのスプリングバック補正前後の分析及び最適化のために、数多くのアドオンを提供しています。

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    シミュレーションシステムのスプリングバック補正の指示に基づいて、アウターサーフェイスをクラスAサーフェスにモーフィングします。
    ゼブラシェーディングの配列から、スプリングバックを補正するサーフェスの品質の高さがわかります。

    測定値に基づくシートメタルのモーフィング

    トライ品のスプリングバックから導き出された測定点を基に、指定した部品からの距離を算出し、シートメタル全体を自動的に補正します。

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    測定点の座標からスプリングバック補正のために、個別の数値を自動で算出し、それに応じてシートメタル全体をモーフィングします。
    距離解析機能では、変更されていない領域を緑、変形が行われた領域を青及び赤で示します。

    関連リンク

    アクティブサーフェスの正確な設計と製造

    Tebisは、アクティブサーフェスのエンジニアに、自動化設計機能を提供します。板厚及びレリーフ、金型の逃がし処理をCADのアクティブサーフェスに反映させることができます。その結果、NCプログラミング、加工、トライアウトの膨大な時間が短縮されます。

    詳しく見る
    リバースエンジニアリングで、現実の世界に匹敵するCADの環境を実現

    リバースエンジニアリング は、実物を手で修正加工した際や、その後のプロセスでCADモデルが必要となってくる場合にいつも使用されます。モデル製造分野では、クレイで作られたデザインモデルとカーモデルがスキャンされ、これがCADサーフェスに変換されます。金型製造分野では、トライアウトの段階で金型に手で加えられた変更がスキャンされ、既存のCADモデルが最新の状態にアップデートされます。

    ...
    詳しく見る
    CADサーフェスモデルの品質を自動もしくは手動で最適化

    CADサーフェスの品質は、使用しているCADシステムのアルゴリズム特性、設計ヒストリー、そしてインターフェイスを介した変換プロセスによって決まります。多くの場合、鋳型と金型を作成するためのCADデータは、品質に欠陥を残したまま引き継がれ、次の工程で修正作業が必要となります。Tebisは、サーフェス品質を最適化するお手伝いをいたします。

    ...
    詳しく見る
    シートメタルフォームツール分野での挑戦

    Tebisは、30年以上にわたり金型製造プロセスにおけるCAD/CAMソリューションのサプライヤーとしての地位を築いてまいりました。今日、加工プロセスの自動化のほか、特にデジタル化促進に尽力しています。これらには、シートメタル部品および工具の品質保証を行うための3Dフォトグラメトリーが含まれます。これには、仮想世界と現実世界の完璧な調和が不可欠です。

    ...
    技術記事を読む