Title

Description

    CADアシスタント機能による電極設計 

    Tebisを用いて、部品の分析から電極の完成まで

    電極の設計から形彫り放電加工に至るまでの全プロセスをTebisがサポートし、スループットタイムの短縮と、安全性の向上を約束します。鋳型の切削加工が困難な場合には、電極の使用が必要となります。Tebisを用いた電極設計では、ユーザーサポートにより完全な電極の生成が快適に行われ、面倒なルーチンタスクも減少します。

    信頼の置ける分析機能により、放電加工領域を自動で算出し、ワンクリックで放電部を取り抜くことができます。電極の設計完成に至るまで、アシスタント機能がユーザーを誘導していきます。Tebisが提供する高性能なCAD機能およびライブラリーを活用し、完全な電極を完成させることができます。

    自動で分析
    信頼の置ける分析機能により、放電加工の領域を自動算出
    迅速に結果をもたらす
    設計アシスタント機能を用いて、どのように複雑な電極でも完全に生成
    統合されたノウハウ
    データバンクおよびライブラリーにアクセスして、電極放電加工プロセスを簡易化

    放電加工領域を自動検知

    電極の設計を行うため、切削加工の終了後に、放電加工を施す必要のある領域をTebisに自動で表示させます。使用された最小の工具が、放電加工領域の分析の基礎になります。放電加工領域が自動で算出され、加工残り量の程度がカラーコードで表示されます。加工残り量が多い箇所は赤色、少ない箇所は緑色で表示されます。更に、既に設計が完成いている電極に基づいて部品を分析することもできます。 

    サーフェスの取り出し

    ワンクリックで、必要なサーフェスを、製品が反転した形状で取り出します。そこから、設計に必要な放電形状の全体の構造を導き出していきます。

     

    放電部の導出

    完全な電極の設計のために、グラフィックによる対話形式の高性能なCAD機能を用いることができます:

    • 接連続の延長
    • トリム
    • 放電部の傾斜

    完全な電極の設計

    ライブラリーに保存されているバーチャルモデルを使用することで、在庫のある適切なホルダーおよび素材を素早く選択することができます。そこには、設計に関する重要な属性も保存されています。

    アシスタント機能が、セットフレーム、台座、ホルダーから必要な素材まで、形彫り放電加工用の完全な電極の生成を自動で誘導します。

    We achieved a 60% increase in manufacturing efficiency using sinker EDM.

    Markus Rausch, Junior director and technical operations manager, Hermann Rausch Werkzeug- und Formenbau

    詳細情報 

    電極j放電加工プロセスに関する情報

    形彫り放電加工

    Tebisを用いると、自動検知から、データベースに基づいた電極の快適な設計、系統的なNC加工、そして完成した電極の測定まで、複雑な形彫り放電加工を上手に管理できます。

    詳しく見る

    プロセスに統合された測定

    電極を完全に自動でチェック: プロセスに求められる確実性を確保し、品質チェックを加工プロセスに統合して、手直しが不要の製造を実現しませんか。ミスの回避、大切な部品の品質の向上、そして時間短縮が実現されます。

    詳しい情報
    CNCシミュレーター
    TebisのCNCシミュレーターを用いて、CNCプログラミング環境で、NC加工を完全に計画、プログラミング、そしてチェックすることができます。なぜなら、工具、機械、クランプからユニットまで含め、お客さまの現場に実際に存在する全てのコンポーネントを、実物に忠実なバーチャルモデルとしてバーチャルのプログラミング環境に保存することができるからです。 ...
    詳しく見る
    CNCプログラミング
    TebisのCNCプログラミングで、プログラミングおよびセットアップにかかる時間を全体的に大幅に短縮できます。Tebisは、迅速性、安全性そして高度な自動化を、柔軟性を備えたまま実現します。2.5D、3軸、そして5軸加工等といったあらゆる加工領域で、各業界に特化したソリューションをご用意いています。...
    詳しく見る
    3軸加工

    粗加工、仕上げ加工そして隅部加工のあらゆる加工手法をTebisのジョブ管理で組み合わせて、自由形状の加工を行うことができます。快適なテンプレート技術を用いて、最初から干渉を回避します。

    詳しく見る