Title

Description

    製造用CADモデルの準備

    NCプログラマーのための設計機能

    NCプログラミングの前にCADデータを準備しなければならないケースはよくあります。例えば、延長サーフェスやフィレット、領域カーブや中心カーブ、穴形状部を埋めるカバーサーフェスなどが必要となる場合があります。また、素材の幾何形状を設計しなければならない場合も多くあります。

    TebisはNCプログラミング向けに、数多くの分析機能を備え、操作性に優れたCAD機能を提供します。設計上の変更箇所は迅速に認識され、フィレット、平面そしてアンダーカット領域も素早く検出されマークされます。Tebisのすべての標準パッケージには、寸法の算出機能及びテキスト機能が含まれています。

    準備したCADモデルは、自動化されたCNCプログラミングの基礎となります。: 多くの場合、NCプログラミングはTebisを用いて全自動で実行することができます。

    部品の簡易化、カバーサーフェスによる穴埋め、サーフェスの延長
    優れたデータ品質
    優れた加工品質及び製造時間の短縮が可能に
    高効率
    標準化・自動化されたNCプログラミングが可能に
    常に即戦力
    NCプログラミングを迅速に指導・習得

    形状分析

    Tebisは、形状分析のために豊富な種類の機能を搭載:

    • 材料の見積もり及び発注のために、長さ、面積、体積を算出
    • 座標値、長さ、半径、距離及び角度等といった寸法の算出
    • 部品のリアルタイム断面確認機能
    • 変更点を検出するモデル比較機能
    • 穴の検出及びマーク機能
    • 平面の検出機能
    • コーナーRの検出及びマーク機能
    • 製造段階のモデルとストックモデルの差異を確認する比較機能
    • 形状の勾配とアンダーカットを検出する機能
    • ギャップ、セグメント、オーバーラップ、重複等、品質基準に満たないサーフェスの検出機能
    • サーフェスの品質評価のための曲率分析機能

    このビデオでは、この金型部品のさまざまな解析機能を示します。

    • 寸法の算出
    • コーナーRの分析
    • アンダーカットの検出
    • 平面の検出
    • 穴の検出

    このビデオではシートメタル成形金型に関するさまざまな解析機能を示します。

    • 寸法の算出
    • 平面及びコーナーRの分析
    • 勾配算出
    • 穴の検出
    • リアルタイム断面確認機能
    • 板厚の分析

    穴埋めサーフェスの使用

    穴埋めサーフェスは多くの場合、NCプログラムの計算前に作成され、リブやポケット部などに使用されます。全体像をより良く把握するために部品を簡易化し、また、分解することが可能です。Tebisはここでも快適な機能を提供します。

    ワンクリックで、二つのモデルのどの部分が異なっているのかを検出し、これを表示します。
    複雑な穴埋めサーフェスでも時間をかけることなく作成可能です。

    フィーチャーの使用

    部品にTebiのフィーチャーライブラリーのフィーチャーが含まれている場合、2.5軸のNCプログラミングは全自動で実行されます。フィーチャースキャナーが、設計フィーチャーを基に、加工に関する全ての重要な情報を含むNCフィーチャーを作成します。

    シートメタル成形金型を例に、Tebisのフィーチャスキャン機能で部品を調査。各穴に対して適切な加工属性を提案します。
    機械部品を例に、フィーチャスキャン機能を使って部品に加工属性を取り付け、全自動でNCプログラミングを実行します。

    素材の設計

    素材を作成するために、多くの自動設計機能を提供します。

    • 直方体素材
    • 鋳物素材
    • 積層素材
    • 6面オフセット素材
    素材を作成

    サーフェスの延長

    矢印をドラッグしサーフェスを延長

    矢印をドラッグするだけで簡単にサーフェスを延長できます。

    ガイドカーブの作成

    リブ加工等の特別な加工に必要なガイドカーブを、アシスタント機能に従って作成できます。

    Screemnshot Nutenbearbeitung
    リブ加工
    Screenshot Mittenkurven definieren
    中心カーブを定義

    シャープエッジの検出

    迅速な5軸バリ取りのための準備機能。Tebisは製品の全てのシャープエッジを自動で検出します。穴のバリ取りや面取り部位などは、加工前に除外することができます。

    動画の最初のセクションでは、、部品加工の際にTebisが製品のシャープエッジを自動で検出する様子が確認できます。
    動画の始めの部分で、鋳型加工の際にTebisが製品のシャープエッジを自動で認知する様子が確認できます。

    こちらもお読み下さい

    CNC自動化
    TebisのAutomill®がCADモデルを分析し、事前にデジタル化して保存されている製造現場の環境と、テンプレートに保存された製造ノウハウにアクセスしてNCプログラムを計算します。
    詳しい情報
    CNCプログラミング
    TebisのCNCプログラミングで、プログラミングおよびセットアップにかかる時間を全体的に大幅に短縮できます。Tebisは、迅速性、安全性そして高度な自動化を、柔軟性を備えたまま実現します。2.5D、3軸、そして5軸加工等といったあらゆる加工領域で、各業界に特化したソリューションをご用意いています。...
    詳しく見る