Title

Description

    MES生産計画

    生産計画をデジタル化する理由はなぜでしょうか?

    金型及び鋳型製造分野では、シートメタル部品や、合成樹脂部品を生産するための金型を製造する際、常に時間との戦いになります。製品がより複雑になっていく中、時間がおしていたり、あるいは受注量が多くなった場合に手動で計画を立てていると、それが大きな負担になります。生産管理担当者は、生産計画の高い精度を保つために、全てのインターフェースおよび相互の関係性を把握することのできる、系統的なサポートを必要とします。 

    製造プロセスに関わる専門化、機械そしてサプライヤーをコーディネートし、材料の在庫や発注を調整することが重要です。全ての歯車がうまくかみ合って初めて、予算内に収め、納期を守り、そして品質基準を満たすことができるのです。

    MESソフトウェアのProLeiSが、計画、管理そして実行する際に、関係者全てを個別にサポートするプラットフォームを提供します。従業員の負担は明らかに減少し、生産性は向上します。 

    透明性
    最新ステータスと最新情報 • タスクと納期を従業員にお知らせ • フローは分かりやすく設定済み 
    系統的
    製造オーダーをきちんと管理 • テンプレートの使用 • 全ての関係者を調整
    柔軟
    直前の変更にも迅速に対応 • 様々なバリエーションをシミュレート • 後続の作業を自動でアップデート

    継続的な納期遵守のための正確な計画

    計画に大きな手間がかかっていませんか?情報を探すのに時間がかかっていませんか?- ProLeiSは違います。

    MESソフトウェアのProLeiSが全体を把握し、秩序をもたらします。一つずつ順番に計画を立てていくように、最適に構造化された作業工程が生成されます。ProLeiSで、最新のステータス情報、プロジェクトの進捗状況、そしてあらゆる加工製品に関する情報を見ることができます。

    MESソフトウェアが、期日やリソースなどといった複雑な要因を、相互に自動調整します。ProLeiSには、お客さま独自の製造ノウハウまで含め、作業工程がテンプレートとして保存されています。

    プロジェクトのマイルストーンに基づいて予定の各種期日を指定し、プロジェクトに関わるパーツリストをインポートします。ProLeiSが製品の各部品をカテゴリー化し、自動で製造の計画が行われるようになります。ProLeiSの処理能力調整機能を用いると、マイルストーンを考慮した上で、ワンクリックで全てのリソースを最適に投入することができます。

     

    ProLeiSで自動に作成されたジョブ管理: テンプレートを組み合わせて、金型を製造するためのジョブ管理が作成されます。例えばテンプレートには、トリムスチールを製造するための工程が保存されています(青色でマーキングされた部分): 調達およびNCプログラミングから開始し、最初の組み立て加工が続きます。5面粗取りは、カレンダーウィークの15週目に開始されます。

    我々のインフラストラクチャーは、長期的なパートナーシップと高い品質にかかっています。投資する際は、明らかに向上する生産性によって、すぐに元が取れる必要があります。まさにこの基準にマッチしたのがProLeiSです: ProLeiSによる、最適化された生産計画と、円滑なデータ管理のおかげで、一定期間内に処理できる量が明らかに増加しました。

    ルイス・シュナイダー博士(Dr. Louis Schneider) 経営者、Schneider Form GmbH、デッティンゲン・ウンター・テック

    製造フローを柔軟に管理

    確かなことは: 計画に変更はつきものです

    生産管理者はProLeiSに表示される進捗状況を参考にしながら、個別の製造オーダーを整然と管理することができます。不測の事態が発生した場合には、的確に素早く対応できるようになります。ガントチャート上をドラッグ&ドロップして計画を変更すると、ProLeiSが自動でそれに続く工程を調整します。

    ProLeiSを用いて理想的な製造プロセスを計画すると、従業員が全てのタスクおよび期日を知ることができるようになります。ProLeiSは自動で、予め登録されている役割分担の規則に従い、次に処理すべき作業内容を、全ての従業員の個別の計画画面上で表示させます。こうして明瞭性が確保され、個々の負担は減少し、ルーチンワークのスピードが上がります

    リリースステータス: 信号システムを用いた、作業プロセスの自動管理

    マイルストーンは、後に続く工程の開始時期をマーキングし、同時進行する工程も表示することができます。全工程は、順番に進められる一つ一つの個別タスクに分けられています。赤いステータス: 工程の開始はまだ許可されていません。製造段階は0%となっています。
    全ての関連工程が完了し、“設計完了”のマイルストーンが達成されると、ProLeiSが自動で後続の工程のステータスを緑色で表示します(承認 - 次の工程を開始するための、全ての条件が満たされています)。“調達”の工程が完了したサインが出ており、“基礎加工”の工程開始が一部承認されています。NCプログラミングがまだ作業中であるため、ProLeiSはそれに続く作業工程をリリースしておらず、黄色でステータスを表示しています(前の工程を確認してください)。状況に応じて、詳細を確認した上で後続の工程をリリース前に開始させることも可能ですが、この段階でこちらを完全に完了させることはできません。
    後続の工程リリースの条件は、独自の要件に応じて自在に調整することができます。完了サインが出されるごとに、それに基づき、ProLeiSが自動で製造の進捗状況を算出します。全工程が完了すると、ProLeiSの一番最後のマイルストーンのステータスが“完了”に変更されます。

    不測の事態による欠員にも対応

    変更: ProLeiSで、あっという間に再計画

    自動処理能力調整機能がお客様を効率的にサポートします。急な変更に合わせて新たに計画し直し、進行中の製造プロジェクトと調整しながら、様々な可能性をシミュレートします。その後、マウスクリックで最も相応しいバージョンを有効化すると、それに連動して生じる変更を、ProLeiSが自主的に考慮してアップデートします。日々変化するビジネスの状況に対応できるため、単一部品生産において決定的なメリットとなります。従業員および機械の割り当てをあっという間に計画し直すことが可能です。

    製造に関する全ての重要な情報を、一覧で分かりやすくProLeiSのダッシュボードで確認することができます。要望に応じて携帯に表示させることも可能です。プロジェクトおよびスルートップタイムをいつでもどこでも確認できます。ProLeiSは学習型のシステムのため、数をこなすごとに性能が向上します。

    ProLeiSの自動処理能力調整機能は、プロジェクトのマイルストーンおよび進行中の製造案件を考慮した上で、課されたタスクを全てのリソースに最適に割り当てます。 

    ProLeiSの快適な計画機能

    自動処理能力調整機能

    従業員と加工機の割り当てを計画する際にサポートいたします。

    全てのプロジェクトおよびリソースを考慮して、計画されている全工程の最適なスケジュールと、全てのリソースの最も優れた稼働率を算出します。

    ワンクリックで:

    • 計画されている工程にリソースを割り当て
    • 作業順序を自動でアップデート
    • 場合によって生じうる衝突と、分析結果を表示
    • 機械を最適に稼働

     

    調達の統合

    調達業務に関するデータをProLeiSに統合させることができます。ERPシステムが存在する場合、こちらを介して統合することも可能です。生産プランナーは、パーツリストから必要な製造品および購入品の情報を得ることができます。プランナーが発注し、ERPシステムにデータを転送します。発注ステータスおよび配送ステータスも統合されています。納品と同時に最初の製造工程がリリースされるように、製造プロセスと同期化することが可能です。 

    分かりやすい製造情報

    ProLeiSで一目で確認できます:

    • 保管場所および発注ステータスまで含んだパーツリスト
    • リソースごとのタスク一覧および機械の使用計画
    • プロジェクトの全工程の製造ステータス
    • プレビュー機能つきの関連ドキュメント
    • 全ての受注情報およびプロジェクト情報
    指数に基づき製造をコントロール

    ProLeiSが機械のデータを、製造に関する役立つ情報に変換します。事務的なデータと組み合わせることで、企業全体の役に立つKPIを迅速に手に入れることができます。ダッシュボードで、お客様の企業にとって重要な要素を確認することができます。

    詳しい情報
    オーダーを受けるべきか断るべきか
    新規オーダーによる影響- スケジュール通りにプロジェクトを進めるためには、どのように生産能力を活用したらよいでしょうか? MESソフトウェア...
    詳しい情報
    ProLeiSに関する質問がございますか?

    我々がお客さまの疑問を解消いたします - お問い合わせ下さい。

    連絡先