Title

Description

    深穴加工のための完全なソリューション

    コンピューター制御されたフローの長所を最大限に活用

    Tebisが提供する深穴加工向けのソリューションは、あらゆる製品および機械に対応しています: 特別なCAD/CAMストラテジーは、ドリルブッシュを装備した深穴加工機にも、ドリルブッシュ未装備のマシニングセンタにも対応します。急な機械交換がいつでも可能です。簡単に自動化可能な準備機能およびNCプログラミング機能が、加工機の軸構成を考慮した上で、必要となる切削油の圧力などといった細部まで管理します。Tebisを用いて、深穴加工における切削能力を最大限に活かしてください。非常に優れた製品品質を保ったまま、最長4メートルの深さの穴を加工できます – 直径の10倍以上の深さです。

    簡単に自動化
    加工機でのプログラミングが不要になります。深穴加工の全てのタスクを迅速で確実に処理 
    CADからCAMへ
    一貫性したシステムを使用。自動化されたデータ準備から、テンプレートに基づいたNCプログラミング 

    最初から、インテリジェントなフィーチャーを活用

    Tebisは、深穴加工に関するあらゆる特別な要求を考慮した準備機能を提供します。最大の利点は、穴形状がTebisにおいて最初からフィーチャーとして分類されます。フィーチャーはただのCAD形状としてではなく、製造に関する重要な情報を含んでいる、“インテリジェント”な要素として扱われます。こうして既に準備の段階から、要望に応じて、重要な作業工程を完全に自動化することができます。

    続いて行われる、テンプレートに基づいたCNCプログラミングは非常に簡単になります。 

    穴および深穴を自動で認識し、モデルと区別


    フィーチャーを自動で延長

    状況に応じてドリルブッシュを使用し、干渉を回避した加工を計画します。

    個々の切削および供給速度データを使用して交差領域を自動的に挿入

    深穴加工向けに、テンプレートに基づいたCAMプログラムを作成

    深穴加工の加工手法では、制限や進入、退避など全ての必要なパラメーターを定義付けし、技術的な数値をコントロールすることができます。テンプレート技術のおかげで、適切に設定する事ができるためにCNCエンジニアが頭を悩ませる必要はありません。特別な加工条件に適応したテンプレートを簡単に選択し、加工要素を選ぶのみです。選択された機械に相応しい最適な加工手法自動で割り当てられます。要望に応じて、信頼のおける5面加工が作成されます。 

    NCプログラムの確実なチェックおよび修正

    シミュレーションの最中に加工を最適化できます: 加工ツールの数を減らしたり、自動的に算出されたツール長さを調整します。セットアップの状況を確認および変更し、全てのコンポーネントの干渉をチェックします。機械には、干渉を回避したNCプログラムのみが出力されます。 

    機械交換を伴った実証例

    一般的な準備

    (1) フィーチャーを認識して追加
    (2) フィーチャーの延長
    (3) フィーチャーの整理

    第1段階NC加工

    (4) 自動化されたNCプログラミング

    第2段階NC加工

    (5) 2.最適な傾斜軸によるNC加工の計画
    (6) フィーチャーのカットおよびグループ分けを行い、深穴加工機で加工
    (7) あるいはミリング加工機による別の方法を選択して加工

    第3段階NC加工

    (8) 元々のねじの設計フィーチャーを加工

    こちらもご覧ください

    関連テーマ

    CNCプログラミング
    TebisのCNCプログラミングで、プログラミングおよびセットアップにかかる時間を全体的に大幅に短縮できます。Tebisは、迅速性、安全性そして高度な自動化を、柔軟性を備えたまま実現します。2.5D、3軸、そして5軸加工等といったあらゆる加工領域で、各業界に特化したソリューションをご用意いています。...
    詳しく見る
    CNC自動化
    TebisのAutomill®がCADモデルを分析し、事前にデジタル化して保存されている製造現場の環境と、テンプレートに保存された製造ノウハウにアクセスしてNCプログラムを計算します。
    詳しい情報
    CNCシミュレーター
    TebisのCNCシミュレーターを用いて、CNCプログラミング環境で、NC加工を完全に計画、プログラミング、そしてチェックすることができます。なぜなら、工具、機械、クランプからユニットまで含め、お客さまの現場に実際に存在する全てのコンポーネントを、実物に忠実なバーチャルモデルとしてバーチャルのプログラミング環境に保存することができるからです。 ...
    詳しく見る