Title

Description

    CADサーフェスの品質

    CADサーフェスモデルの品質を自動もしくは手動で最適化

    CADサーフェスの品質は、使用しているCADシステムのアルゴリズムの性質、設計ヒストリー、そしてインターフェイスを介した変換プロセスによって決まります。多くの場合、鋳型と金型を作成するためのCADデータは、品質に欠陥を残したまま引き継がれ、次の工程で修正作業が必要となります。CAD自由曲面で、CADサーフェスの品質の重要な評価基準となるのは、曲率分布に加えて、個々のサーフェス同士のギャップとオーバーラップ、係数や次数、サーフェスの数、そしてモデル全体のサーフェスレイアウトです。設計及び製造工程においてより良い状態でCADデータを処理するため、また、他のCADシステムにデータを移行させるために、Tebisを使用すると簡単に、CADサーフェスの品質を向上させることができます。サーフェスの最適化は自動もしくは手動で、クラスA品質を実現します。

    後続の設計作業が非常に快適に
    機械の稼働時間を短縮し、より優れた表面品質の実現
    他のCADシステムへのスムーズなデータ変換

    分析機能

    品質の問題点を表示

    品質分析機能を使用すると、部品のどの部分に問題があるのかが、一目で分かるようになります。この時、カーブやサーフェス、およびサーフェスの集合体といったいわゆるトポロジーを調べることができます。

    Screenshot Qualitätsanalyse
    これらの例に示す通り、CADサーフェスの品質分析機能を使って、大きなギャップやサーフェスの折れが何処にあるのかを表示することができます。

    ワンクリックで修正可能

    サーフェスモデルの問題箇所を快適に修正

    Tebisのサーフェス最適化機能を使って、パッチの数を全自動で減少できます。更に、個々のサーフェス同士のギャップとオーバーラップを認識し、これを自動でギャップのないサーフェスモデルへと修正します。また、折れや、ベースサーフェスが大きすぎるトリムサーフェス、あるいは微少セグメントを含むカーブやサーフェスなど、サーフェスレイアウト内のリスクの高い領域を検出できます。このようなCADモデルは、設計あるいは製造プロセスで、問題を引き起こす可能性があります。Tebisは、CADサーフェスのそのような領域を自動で修正することができるので、サーフェス品質を向上させることができます。実行前に、プレビュー機能で結果を確認することができます。

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form.
    Activate Cookies
    個々のサーフェス間の、許容範囲を超えた大きなギャップを全て認識し、隙間を自動で設定された精度まで小さくします。
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form.
    Activate Cookies
    必要以上のセグメントを含むサーフェスを認識し、形を変えることなくこれを自動で修正します。パッチ数が少なくなったサーフェスモデルで、後続のCAD/CAM操作も簡単になります。
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form.
    Activate Cookies
    折れや、微少セグメントを含むカーブやサーフェスおよび微小サーフェス、また、ベースサーフェスが大きすぎるトリムサーフェス等の問題を認識し、これを自動で修正します。

    サーフェスレイアウトを改善

    サーフェスモデルのレイアウト構成を手動で改善

    Tebisは最高品質のCADサーフェスを実現するため、基本的なサーフェス及びN辺サーフェスの処理、3辺サーフェスの消去、均一なサーフェス構造の作成、その他各種機能を提供しています。

    ワンクリックで、問題点のあるサーフェス領域を認識
    ワンクリックで、大きすぎるベースサーフェスを縮小
    ワンクリックで、微細に分割されたサーフェスレイアウトを近似サーフェスに置き換え
    ワンクリックで、複数のサーフェスを一つに統合

    クラスA品質

    クラスA品質のサーフェスモデルを

    カーブ及びベースサーフェスの編集機能を使うことで、エンジニアは短時間で全ての隣接面が調和したミラーモデルを作成し、1つの集合体としてのサーフェスを作成することができます。最高の品質で最適化されたCADサーフェスは常に、オリジナルサーフェスに対して調整可能な許容差内に収まります。サーフェスモデルのクラスA品質の最適化は、サーフェスデータの原点に関係なく機能します。

    大きなメインボディーのサーフェスセグメントの接続レベルと数をパラメーターで設定すると、最適化されたサーフェスとオリジナルの差異が色で分かるように表示されます。
    ゼブラシェーディング、曲率ベクトル、構成線分布等のリアルタイムでの分析機能が皆様をサポートします。過剰なセグメントや不適切な次数等といった、間違って選択されたサーフェスパラメータによる起伏のあるサーフェス勾配を検出します。

    関連リンク

    リバースエンジニアリングで、現実の世界に匹敵するCADの環境を実現

    リバースエンジニアリング は、実物を手で修正加工した際や、その後のプロセスでCADモデルが必要となってくる場合にいつも使用されます。モデル製造分野では、クレイで作られたデザインモデルとカ...

    詳しく見る

    今では、中程度に複雑なものであれば、自動車のアウターシェルの高品質なCADサーフェスデザインを50時間以内に作成するまでになりました。(従来と比較した場合、凡そ半分にまで時間を短縮する結果に)

    BMW Group-デザイン