Title

Description

    新規オーダー - どのように遂行すべき?

    部品製造向けの事前計画 - プロジェクトを自動で完全に見積もり

    実際のところ、金型製造分野において、時間や競合会社相手の熾烈な戦いの中で、迅速な決断は、受注を得るための重要な要素の一つです。最新のリソースおよび生産能力を基に現実的に判断することができる方が有利になります。それがワンクリックで行われれば尚更です。生産能力を超える可能性がある場合に、生産プランナーが事前にそれを察知し、手遅れになる前に外部委託することで、収益率を上げることができます。急に入ってきたオーダーを生産プランに割り込み、スケジュール通りにプロジェクトを進めることができたらどうですか。単一部品生産であってもなんとそれが可能なのです。

    MESソフトウェアのProLeiSを用いて、新規オーダーに対処可能かどうかを確認することができます。ProLeiSはお客様の会社の各種パラメーターに基づき、迅速で確実な判断の基準となる最新の情報を提示します。

    そしてプロジェクトリーダーが事前計画ツールを用いて、必要となるリソース、費用、外注および稼働率を確認します。数回のクリックのみで、プロジェクトを現実的に進めるための指針となる情報をグラフで一覧表示できます。

    購入すべきか、独自で製造すべきか?

    リスクを考慮した確かな判断

    プロジェクトに必要なリソースが不足していますか?でしたら、プロジェクトを遂行するためにどのようなリソースが必要なのか、それらのリソースは足りているのか、あるいは外部に部品製造を委託する必要があるのかを確認して下さい。

    その際、ProLeiSがお客様をサポートいたします。外注を行った場合に社内の生産能力がどのように変化するのかをシミュレートすることができます。予想設備稼働率が一覧で提示され、様々なケースを比較することができます。このようにして外部委託が必要なのかどうか、プロジェクトを全て委託するのか、あるいは一部の部品のみ委託すべきなのかを算出します。

    結果、次のことが明らかになります。

    • 外部委託をする必要があるのかどうか
    • どの部品を外部委託すべきか
    • 外部委託した場合でもスケジュールに間に合うのか
    簡単
    ワンクリックで最新の生産能力を確認 • 迅速に判断基準を入手 • ドラッグアンドドロップでプロジェクトのフローを作成
    自動化
    問い合わせを現実的にチェック • 外部委託のシミュレーション • テンプレートを用いた作業 
    安心
    生産能力の超過を事前に察知 • 今後の見通しをより明確にする評価・分析

    引き合い案件を、進行中の案件と調整しながら現実的に計画に組み込む

    金型モデル3セットの引き合いが新しく入りました。現在製造現場はフルに稼働していないため、直感的に、期日までに納入するだけの生産能力はあるような気がします。ProLeiSを用いると、これを確実に確認することができます: MESソフトウェアが、既存の計画に新規の製造プロジェクトを最適に組み込みます。その結果: 生産能力の超過が確認されました。数回のクリックのみで、プロジェクトを受け入れられる可能性を様々にProLeiSでシミュレートできます。 

    生産能力を現実的に考慮した計画: 進行中のプロジェクト(濃い色の箇所)は製造現場の生産能力を完全に使い切っていません。ProLeiSをワンクリックするだけで、既存の生産能力を最大限に活用できるように、新規プロジェクトが現実的にリソースに割り当てられます。
    ケース1: 金型モデルの3セットを引き受けた場合、生産能力を超過します(薄い色の棒グラフ)。解決策: 計画通りにウィークナンバー32までに納入させるためには、外注を使うという方法があります。更にProLeiSを使って、外注を行った場合に利益が出るのか、そして計画通りの期日に仕上がるのかをシミュレートします。
    ケース3: 納期をウィークナンバー34に延長します。ProLeiSが自動でプロジェクトを割り当て、進行中の案件と調整しながらこれを追加します。計画を大きく変更させる手間なく案件を引き受けることが可能です。
    ケース3: 納期をウィークナンバー34に延長します。ProLeiSが自動でプロジェクトを割り当て、進行中の案件と調整しながらこれを追加します。計画を大きく変更させる手間なく案件を引き受けることが可能です。

    迅速な算出

    簡単な予算計画および生産能力の一覧表示

    • 過去のプロジェクトを参照して見積もりを作成
    • 金額あるいは時間ベースで予算をインプット
    • テンプレートとマイルストーンの機能を使い、ドラッグアンドドロップでプロジェクトのフローを作成
    • 各業種、加工機グループおよびチームごとに必要な時間数を分配
    • ProLeiSが実際の稼働能力に基づいた設備稼働率を算出
    • これらが、実際に進行中の製造プロジェクトを考慮しながら、処理能力を自動で調整するための基礎となります

    ProLeiSを用いた予算計画および生産能力計画で、リソースが十分に足りているかどうかを迅速で現実的に判断できます。こうして、問い合わせのあったプロジェクトが提案したかどうかを確認でき、納期遵守に関して顧客にひときわ優れた印象を与えることができます。

    ProLeiSはワンクリックで現実的な設備稼働率を表示します。

    ヒストリーが鍵

    評価:デジタルに集積された経験値に従いオファーの数を調整

    デジタルに保存されたノウハウは貴重です - ヒストリーに基づいた詳細な見積もりを作成できます。ProLeiSを使えば使うほど、ソフトウェアがお客様のために経験値を上げていきます。MESはプロジェクトの経験から学んでいくのです。事前計画のために、実際にフィードバックされた、生産能力に関する情報を手に入れることができ、回数を重ねるごとにその精度が増します。この値がより正確な見積もり算出のための基礎となります。こうして、オファーの数が少なすぎる場合のコスト損失や納期の遅延、あるいは逆に、引き受け過ぎたオファーを断らなければならなくなることを回避します。ProLeiSを介して遂行されたプロジェクトが全て、事前計画テンプレートの精度を上げていきます。

    アセンブリベースの詳細な見積もりを作成:

    1. ツールタイプごとに事前計画のテンプレートを作成
    2. 外注コストおよび独自製造分を指定
    3. 独自製造分に関して、時間単価に基づく総額を算出
    4. 必要な生産能力および生産能力の配分を自動で算出
    5. 完成した一覧を判断材料として利用

    従業員が不在でも、デジタルで保存された経験値には常にアクセス可能です。

    差異比較:過去に行われた類似プロジェクトのデータに基づいて、事前計画および生産計画で予測された必要時間数と実際にかかった時間とを比較します。この結果を、正確な事前計画の作成に役立てて下さい。

    興味がおありですか?

    正確な生産計画行うことに価値があるその理由

    パーツリストに基づいて単一部品の生産計画を行うことで、正確性を高めます。詳細な一覧および明確なワークフローにより、生産管理が簡単になります。その結果、ミスの減少、迅速な処理、そして高い柔軟性を実現。MES ProLeiS がより高い透明性を確保し、最適化された組織を作り出します。

    詳しい情報
    指数に基づき製造をコントロール

    ProLeiSが機械のデータを、製造に関する役立つ情報に変換します。事務的なデータと組み合わせることで、企業全体の役に立つKPIを迅速に手に入れることができます。ダッシュボードで、お客様の企業にとって重要な要素を確認することができます。

    詳しく見る
    MESソフトウェアProLeiSについて 
    MESソフトウェアProLeiSを用いて、プロジェクト全体の流れをデジタルに再現することができます。全ての製造オーダーの効率的な計画、管理そしてコントロールによりプロジェクトの流れを最適化し、生産能力を高めます。製造現場の個々の作業プロセスの評価から、会社全体の総合的な分析評価に至るまで、全てを把握することができます。 ...
    詳しい情報
    MESソフトウェアProLeiSに興味がおありですか?

    今すぐメールにてお問い合わせ下さい。お客様のご質問にお答えいたします。

     

    連絡先