Title

Description

    リバースエンジニアリングで、現実の世界に匹敵するCADの環境を実現

    スキャンデータを用いたCADサーフェスの作成とアップデート

    リバースエンジニアリングを用いると、直前にスキャンされた対象物を可能な限り正確に再現するCADのサーフェスモデルを作成することができます。リバースエンジニアリングは、実物を手で修正加工した時、更にその後のプロセスでCADモデルが必要となってくる場合にいつも使用されます。

    モデル製造分野では、クレイで作られたデザインモデルと車体がスキャンされ、これがCADサーフェスに変換されます。

    金型製造分野では、トライアウトの段階で成形金型に変更が加えられたものがスキャンされます。そして既存のCADモデルは最新の状態に更新されます。それまでCADデータがまったく存在しなかった金型のCADサーフェスを新しく作成しなければならないこともしばしばあります。 

    手動で成形あるいは変更された対象物は、スキャンされた後でTebisにインポートされます。
    スキャンデータからメッシュ(青い網掛け)が生成されます。リバースエンジニアリングを用いれば、設計に使用できる高品質のCADサーフェスモデルが出来上がります。
    アップデートされたCADファイルを迅速に
    サーフェスを迅速に作成し、変更箇所に適応させる
    高品質のCADサーフェス
    CADサーフェスを後続プロセスでそのまますぐに使用
    リバースエンジニアリングと設計をたった一つのシステムで
    エンジニアに高度な柔軟性を確保

    Tebisの機能

    サーフェスの設計とリバースエンジニアリングをたった一つのソフトウェアで

    同一のCADファイルを使ってスキャンデータの品質の分析・最適化を行い、まずはワイヤフレームモデルを作成し、それからサーフェスモデルを作ります。リバースエンジニアリングで作成されたサーフェスを、実用的なカーブおよびサーフェス技術を用い、設計的に補完していきます。このサーフェス技術で、短い時間でクラスA品質の自由曲面を完成させます。

     

    金型製造における使用例です。特別な予備知識がなくとも、スキャンされたシートメタルの部品からCADのサーフェスモデルを作成することができます。
    シートメタル部品のスキャンデータを基に、サーフェス構造を簡単に作成。そこから迅速に、接連続した自由曲面のサーフェスモデルができます。

    リバースエンジニアリングを使って高品質のCADサーフェスを作成する際の手順:

    • STLデータの読み込み
    • メッシュデータの分析及び編集
    • メッシュデータを参照してワイヤーフレームを描く
    • ワイヤフレームモデル上に個別のサーフェスを作成
    • サーフェスの分析
    • サーフェスの最適化
    • 部品を更に設計加工

    常にメッシュに忠実に

    ワイヤフレームモデルとサーフェスモデルを使用して、直感的に設計

    半自動かつ対話式のデザイン機能を使って、スキャンされたデータ(メッシュモデル)を基にインテリジェントなワイヤフレームモデルを作成し、そこから自動でサーフェスの角度及びセグメント化を処理し、サーフェストランジションの品質を調整します。ワイヤフレームモデルを使って、サーフェスのレイアウト及び隣接するサーフェスへのトランジションの品質を、ユーザーが決定していきます。Tebisは自動で、ワイヤフレームモデルとメッシュからサーフェスモデルを算出します。精度を指定することで、ワイヤフレームモデル及びサーフェスがスキャンデータにどこまで近似すべきかを決定します。

    ワイヤフレームモデルを作成する際に、特別に開発されたTebisの快適な機能が利用できます。

    金型および鋳型製造分野

    変更を施した場合および、金型のデータが不足している場合

    金型製造分野におけるリバースエンジニアリング
    鋳型製造分野におけるリバースエンジニアリング

    Tebisのリバースエンジニアリングで、実物の成形金型あるいは射出成形金型のバーチャルモデルが、瞬時に作成されます。その際に、既存のCADデータを考慮することが可能です。下記に該当する場合、リバースエンジニアリングを用いると、大幅な時間短縮に繋がるため、特に高い使用価値が望めます。:

    • トライアウトにおいて手作業で金型に加えられた変更を、既存のCADモデルにフィードバックし、実物に忠実にアップデートされた形状を使って作業を継続
    • シートメタルの作成部品をスキャンし、後続の作業(トリミング等)および治具のためのサーフェスモデルとして使用
    • シミュレーションシステムのFEMメッシュを基にしてサーフェスを作成
    • 他の工場で使用するために、二組目の金型セットを作成
    • 金型破損時の金型補正

    手作業で変更を加えた際に、CADサーフェスをアップデート

    金型製造者は初期段階において成形金型を手作業で変更していきます。従ってCADモデルは有効でなくなってしまいます。リバースエンジニアリングを使うと、手作業で加えられた変更がスキャンされ、快適にCADモデルファイルに反映させることが可能です。これによって、金型を最適化してゆく過程、ならびに複製の際に大幅な時間短縮となります。

    補強プレートのCADモデルファイルへの、変更された領域の取り込み
    CADサーフェスとスキャンデータを比較し、変更点を認識。数分でCADサーフェスをアップデートが可能。

    シミュレーションデータに基づいたリバースエンジニアリング

    成形シミュレーションのメッシュデータを基にリバースエンジニアリングを行うことも可能です。曲率分布に関する作成方法が、まず最初に分析されます。続いてサーフェスレイアウトを作成し、四角形のサーフェス及び、任意にトリミングされた多角形のサーフェスを使って個別の領域を埋めてゆきます。このようにして、迅速にサーフェスモデルを入手にすることができます。

    デザインモデル成形

    フォーム検証を確実に行うために

    CADサーフェスは、モデル製造の後に続く全ての設計、並びに製造プロセスの基礎となります。例えばクレイモデルを使うなどして、手作業の成形メソッドで形状を検証したり、あるいは古い部品や芸術品の検証を行う場合に、CADサーフェスは実物に忠実でなければなりません。

    リバースエンジニアリングを用いると、手作業と設計技術とを組み合わせることができるので、その両方の利点を活用することができます。少ない工数で、実物モデルに従ったCADサーフェスを作成することが可能です。BMWグループ-デザインと共同で進められた技術開発の詳しい情報をご一読下さい。手作業によるフォーム検証を、可能な限り効率的にバーチャルデザイと結びつけることを可能にした、信頼性のあるメソッドが誕生いたしました。

    この新しいやり方で、全く同じ規格の金型を迅速かつ効率的に、いくつもの拠点で同時に製造し、使用することができるようになりました。これにより、世界中にある金型工場が恩恵を受けています–例えば、メキシコであっても非常に迅速に、標準化された金型を製造することができるようになりました。

    ローランド・シェーベル氏、Volkswagen AG、ヴォルフスブルク

    Tebis enables a very simple and fast realization of reasonable extension designs to the scanned mesh data. It is a unique advantage that in Tebis you can combine meshes and surface elements extremely well and then mill them all at once using the CAM modules.

    Christoph Schneeberger, MS Design

    関連リンク

    CADサーフェスの品質を自動および手動で最適化
    CADサーフェスの品質は、使用しているCADシステムのアルゴリズムの性質、設計ヒストリー、そしてインターフェイスを介した変換プロセスによって決まります。多くの場合、鋳型と金型を作成するためのCADデータは、品質面での欠陥を残したまま引き継がれ、次の工程での修正作業が必要となります。Tebisが、サーフェス品質を最適化するお手伝いをいたします。...
    詳しい情報
    CADのスプリングバック補正

    機械で補正を行う場合は、金型を研磨するために膨大な時間を要しますが、包括的な変形技術を使用すると、非常に迅速に品質水準を満たした金型を完成させることができます。

    詳しい情報