Title

Description

    Wethje GmbH – hoch spezialisiert und vielseitig zugleich

    Die Wethje Carbon Composites GmbH ist der ideale Ansprechpartner für Unternehmen aus den Branchen Rennsport, Formenbau, Automotive und Luftfahrt – mit ihrem umfassenden Kompetenzspektrum liefert die Wethje GmbH für alle Qualitätsansprüche und Stückzahlen stets die passende Fertigungslösung.

    会社

    Wethje Carbon Composites GmbH

    都道府県

    Hengersberg, ドイツ

    主要課題

    外装部品および構成部品、シェル要素、プロトタイプ部品、パイロット生産部品、コンポジットツーリング、航空機産業部品、産業用途向け製品

    利点
    • あらゆる課題に対応する製造プロセス
    • 迅速かつ柔軟
    • 自動化された2.5D加工
    分野

    自動車産業

    航空宇宙産業

    公開済み

    2017

    インタビュイー: トーマス・ライトベルガー氏、クリスチャン・ザイス氏、リチャード・クルツ氏、エルカン・イェルツィン氏, 技術開発部長、NCプログラマー、セールスマネージャー

    Tebisに決断したことは、弊社にとって的確な判断でした。私たちは、さまざまなアプリケーション範囲に使用できる幅広いミリングストラテジーにまず驚きました。

    リチャード・クルツ氏, NCプログラマー, Wethje Carbon Composites GmbH, Hengersberg, ドイツ

    Tebis also supports robots – these are much more cost-effective than a milling machine in many cases

    Christian Seis, Wethje Carbon Composites GmbH

    Wethje Carbon Composites GmbH社は、モータースポーツ、鋳型製造、自動車製造、航空機産業分野における最適のパートナーと呼べる企業です。広範囲な専門知識を有するWethje GmbH社は、あらゆる品質要件および製造規模に即した製造ソリューションを常に提供しています。

    ラインハルド・ベトイェおよびライマー・ベトイェ兄弟がモータースポーツに情熱を注ぐ10名のスタッフとともに、快調なスタートを切ったのは1979年のことです。 その直後、十数年にわたりラリースポーツが空前のブームとなり、通常の車両にもより強力な馬力が搭載されるようになりました。

    Wethje GmbH社は、 カーボンファイバー製軽量部品製造を専門とする企業へと発展していきました。Wethje社製の部品は、ドイツ初の四輪駆動車として有名なAudi Quattroに搭載されており、さらにAlpina社のレーシング車両および量産車両にもWethje社が手掛けたコンポーネントが採用されています。Pleintingを本拠地とし、Hengersbergに支社を置くWethjeグループは、今日では2箇所の拠点地とおよそ270名の従業員を擁し、複合プラスチック部品メーカーは、グローバルなモータースポーツ、プレミアムスポーツカー、量産車両、航空機産、産業用途を対象とした企業へと成長しました。現在では、三菱化学グループが82パーセントの株を保有し、Cross Industries AG社が18パーセントを保有しています。Wethje社において2番目に重要な事業領域である航空機産業への参入を果たすことができたのも、Wethje社で営業部長として活躍し、2015年に森嶋隆氏のほか、第二取締役に就任した フロリアン・アンツェネダー氏(Florian Anzeneder)の功績によるものです。

    あらゆる課題に対応する製造方法

    広範囲にわたる製品群には、プロトタイプ部品製造、連続製造、構造部品、シェル部品、外装部品製造、航空機のインテリアおよびエクステリアコンポーネントの製造が含まれています。この企業は鋳型製造分野では、マスターモデル、オリジナルモデル、コンポジットツール、治具を製造しています。製造方法は、寸法、材料、要求される品質、製造数量に応じてクライアントの特殊要件に的確に適合されます。全部で11種類の異なるオートクレーブが採用されており、大型単一部品の熱処理にも適しています。小型で複雑な形状の部品を大量に硬化するために、この企業はアウト・オブ・オートクレーブ・テクノロジーを提供しており、これにより1人の作業者が複数の精密工具を同時に取り扱うことが可能になります。さらに、4台のCNCマシニングセンター、6台のツールプレス、4台のミリングロボットが使用されます。品質管理を重視: 温度調整された測定室には、3D測定器、可動式Faroアーム、超音波測定器、DSC分析器、光学系用途の点検に使用するライトトンネルが装備されており、これらにより非常に精密な検査が可能になります。さらに、ワックス処理技術または真空注入などの製造方法も含まれています。

    明瞭な構成

    企業の成長とともに、内部プロセスも向上されました: 「私たちは、今日あらゆる角度から迅速かつ柔軟なソリューションを提供するため、内部構成を最適化しました。」21年以上にわたりWethje社に従事する、セールスマネージャーであるエルカン・イェルツィン氏は語ります。「さらに、2つの製造拠点であるPleintingとHengersbergの製造領域を明確に分離しました。」 Hengersbergには、コンポーネントセンターを設け、レーシングスポーツ向け製造、特殊製造、プロトタイプ部品製造および小規模量産に特化したコアチームがここに従事しています。この有能なチームは、困難で特殊な依頼にも迅速かつ柔軟に対応しています。Pleintingでは、連続生産を中心に事業活動が行われています。

    鋳型製造分野の技術部門の部長であり、すでに14年以上にわたりWethje社に従事しているトーマス・ライトベルガー氏は、プロトタイプ部品および鋳型製造を例にして、この企業が製造チェーン全体を一連のプロセスとして把握していることを語っていただきました。ライトベルガー氏はロジスティックおよびプロセスフローのエキスパートでもあります: 「基本的に、設計の段階ですでにNCプログラミングを簡素化するためのさまざまな要点を調整することができ、弊社は最初の段階から支援を行っています。さらに、NCプログラミングは後続するプロセスに多大な影響を与えます。そのため、プログラミングは製造全体の品質、速度、安全性を確保するための要でもあります。」

    技術部長のトーマス・ライトベルガー氏、NCプログラマーのクリスチャン・ザイス氏とリチャード・クルツ氏、セールスマネージャーのエルカン・イェルツィン氏 FZ 30前で撮影 (左から)。

    NCプログラミング – 自動化と柔軟性

    回転テーブルとリニア軸搭載のABB ロボットミリングユニットでの航空機部品のトリム加工

    NCプログラマーであるクリスチャン・ザイス氏とリチャード・クルツ氏の両者は、プログラミングを近代化することでWethie社の効率性を飛躍的に向上させることができたと、興奮を隠せない様子で語っています。クルツ氏は、Wethje社で1997年以降、治工具製造に専門に従事し、このプロセスには初期段階から携わっていました。「90年代後半まで機械でのみプログラミングを行っていて、あまり経済的な方法ではありませんでした。そのため、CAMシステムが必要となりました。」同分野に従事する当時の同僚から、Tebis社のCAD/CAMシステムを薦められました。「Tebis導入の決断は、弊社にとって的確な判断でした。」 とクルツ氏は語ります。「私たちは、さまざまなアプリケーション範囲に使用できる幅広いミリングストラテジーにまず驚きました。また干渉制御も非常に正確で、他のシステムとはまったく異なります。」クルツ氏が特に好印象を受けたのは、ソフトウェアの開発におけるTebisのコンセプトでした。「一貫性を有し、私たちが必要とするものを的確に提供してくれるからです。」具体的にはどのようなことであったかを尋ねると、クルツ氏はこう答えてくれました。「私たちが行うように、Tebisもまたプロセス全体を考慮しているところです。さらに自動化と柔軟性の組合せも傑出しています。」

    プロセスライブラリーおよびテンプレート技術によりTebisのみが提供するメリット

    「NCテンプレートおよびバリアブルテクノロジーは、多大なメリットをもたらします。」とクルツ氏は語ります。「私たちは、Tebisインプリメンテーションと協力して、弊社のプロセスライブラリーを編集し、特別にトレーニングを実施してもらいました。プロセスは標準化され、私たちはより効率的かつ安全に作業を行うことができ、すべての作業者が全プロセス知識をいつでも呼び出せるようになりました。私たちは、プログラミングの自動化により、30~40パーセントの時間短縮が可能になると見込んでいます。」「弊社は自動化したフィーチャーテクノロジーを主に穴加工、ネジ切り加工に活用しています。」と、クルツ氏の同僚であり、Wethje社に4年間従事しているザイス氏にさらに語っていただきました。「加工面は、たとえばレイヤーから簡単に、タップ加工や面取り加工などの特定の処理順序向けのNCテンプレートと結合させることができ、手作業がほぼ排除されました。」

    マスターモデルのマシニングでのビジュアルマシン – この加工部品から後にCFKツールが形成されます。

    5軸加工での優れた柔軟性

    Hengersbergのマシニングセンターの心臓部、行程6000 x 2860 x 1250ミリメートルのZimmermann社製5軸CNCポータル研削機 FZ 30で作成するマスターモデル。およそ90パーセントのミリング加工部品はこの機械で製造されています。

    クルツ氏は、同時にTebisが発揮するNCプログラミング時の柔軟性について賞賛しました。「5軸加工領域の課題には、モデル上でのトリム加工、クラックミリング加工、プロトタイプトリム加工、小規模連続トリム加工が含まれています。親指の爪ほどの大きさの部品からボンネットにいたるまで、私たちは非常に幅広い部品群を提供しています。これらはほぼ個別部品プロトタイプで、同じ部品は2度と製造することがありません。そのため、機械での時間を無駄にしないため、すべての自動化において迅速に対応し、速やかにプログラミングを行う必要があります。」クルツ氏は、表面、カーブ、ロール加工で柔軟性を発揮させるTebisが提供する幅広いオプションについて説明しました。「たとえばカーブ加工で、旋回軸および回転軸を固定することができます。以前は、各傾斜軸は手動で入力する必要がありました。今では、自動的に行われ、これにより旋回軸を45度で固定しても、回転軸はそのまま移動させることができます。」「さらにTebisはロボットにも対応しています。多くの場合、研削機に対応していることよりも、非常に有益です。」とザイス氏は続けました。