Title

Description

    実証実験 稼働時間の算出

    全てが合っていなければならないのです

    アダプティブな粗取りを適用する価値があるかどうかは、基本的に形状によって決まってきます。なぜなら、この加工方法を用いるのが最も効果的なのは、深溝(ポケット)が多い製品だからです。  
    最も重要な点:切削データなどの技術パラメーターは、製品、素材、加工機そして使用する工具に最もふさわしいものでなければなりません。そうして初めて最高の結果が生み出せるのです。

    実証実験において、2つの異なる製品を例に、様々な加工方法を比較しました。 

    例1:深溝(ポケット)が多い製品

    工具Pokolm HPCカッターD16
    機械DMG HSC105 linear
    素材スチール
    加工手法アダプティブ
    切削データ

    ae:1.6 mm

    ap:30 mm

    vc:175 m/min

    fz:0.3 mm

     

    アダプティブな加工で60%以上迅速に
    オフセットの粗加工と比較した場合
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form.
    Activate Cookies
    深溝(ポケット)が多い製品をアダプティブに粗加工

    例2:平坦な領域と急勾配の領域を持つ複雑な製品

     第1加工第2加工
    工具Pokolm Spinworx D52 R6Pokolm HPCカッターD16
    機械DMG HSC105 linearDMG HSC105 linear
    素材スチールスチール
    加工手法オフセットアダプティブ
    切削データ

    ae:36 mm

    ap:0.9 mm

    vc:215 m/min

    fz:0.7 mm

    ae:1.6 mm

    ap:30 mm

    vc:175 m/min

    fz:0.3 mm

     

    加工方法を組み合わせた3軸粗取り
    加工方法を組み合わせて22%迅速に
    アダプティブのみの場合と比較した場合
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form.
    Activate Cookies
    平坦な領域と急勾配の領域を持つ製品を、オフセットとアダプティブを組み合わせて加工