Title

Description

    プロセスフローの自動化および標準化

    単体部品製造の時間を大幅に短縮

    CADデザインおよびCAMプログラミングを簡易化し、テンプレートを活用して標準化を進めるtことは、自動化を実現させるための重要なステップです。少人数による効率的な製造のためには、完全に自動化された安全なプロセスフロー例外なしの大前提となります。

    そのためにはお客様の製造環境製造ノウハウそして製造フローを完全にデジタルの世界に再現する必要があります。そのためのベースとなるのがTebis 4.1です。  
     

    デジタル化および自動化に向けた、Tebis 4.1のマイルストーン

    • MES ProLeiS
    • バーチャルのクランプライブラリー
    • プロセスに統合された計測
    • インテリジェントな干渉回避ストラテジー

    MESソフトウェアProLeiSを完全に統合

    標準化された製造フローを保存することで、単体部品製造における労力を大幅に削減させることができます。そのためには、CAD/CAMおよびMESテクノロジーを密に連携させる必要があります。
    ProLeiSおよびTebis 4.1を用いて、全てのアセンブリーおよび個別の製品を、実証済みの加工工程に組み入れていきます。こうして複雑な製造プロジェクトを計画、管理そして実行することができます。購入部品、素材および機械コンポーネントに係るロジスティクスも一貫して考慮されます。最大の利点は、各種工作機を最適に稼働させ、また製造エンジニア、NCプログラマーそしてマシンオペレーターに、全てのアクティビティを適切に割り当てることができます
    統合可能なプラットフォームであるMESソフトウェアのProLeiSは、PDM、ERP、機械ガイドシステムなどといった前後に続くシステムと問題なく組み合わせることができます。
    CAD/CAMおよびMESテクノロジーを密に連携

    クランプライブラリーで、バーチャルのプロセスライブラリーを補完

    利点:
    • クランプ要素およびクランプグループを登録して管理
    • クランプ要素やアセンブリーなどの外部のファイルを、ダイレクトインターフェースを介してメーカーから直接インポートして使用
    • クランプの環境を、具体的な製造タスクに合わせて素早く調整
    • 簡単な位置決め
    • 自動で妥当性をチェック
    • 工作機をバーチャルにセットアップ
    • 製造現場におけるセットアッププロセスの簡易化

    クランプライブラリーの構築

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    クランプライブラリーの使用
    クランプライブラリーで全てのクランプ要素を管理し、クランプグループに取りまとめてゆきます。予め接続点を定義付けし、また、接続が可能な相応しい要素のみを表示させる自動のフィルター機能を活用することで、簡単な卓上万力でも、様々なパレットに対応したゼロポイント・クランプシステムでも同じように、簡単でスピーディーに組み立てることができます。マルチプルセットアップも統合されています。1つのクランプグループ内に含まれる個別の要素を物理的に移動させることが可能な場合、必要に応じて自由度を設定し、移動方向を制限します。 

    工作機をバーチャルにセットアップ

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    工作機をバーチャルにセットアップ
    ライブラリーにある適切な要素およびコンポーネントを使用して、バーチャルにセットアップします。セットアッププロセスも、クランプグループの構成と同じようなロジックに基づいて行われます
    選択された工作機にふさわしいクランプ要素のみが表示されます。更に、セットアップ時の出力座標を直接登録します。接続点を利用し、数回のクリックのみでクランプをワークの適切な位置に設置し、また製品そのものを工作機のテーブルの上に設置することができます。また、製品、干渉要素、クランプグループおよび個別のクランプ要素を1つずつばらばらに位置決めすることも可能です。

    特別なメリット: NC出力の際に、自動で正確かつ詳細なNCドキュメントが作成されるため、全ての情報を漏らすことなく、セットアップを行う現場に伝えることができますセットアップ責任者に、やるべき作業内容がすぐに伝わります。コンポーネントは分かりやすく名づけられているため、どのクランプがいくつずつ必要なのか、そしてどのように設置すべきなのかを正確に読み取ることができるのです。 

    ゼロポイントクランプシステムを用いたマルチセットアップの実証例

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies

    プロセスに統合された計測で、セットアップおよび加工時間を短縮

    快適、簡単、そして確実に、計測過程を製造プロセスに完全に統合させることができます。こうして製品が正しくセットアップされているか、また、素材の寸法が正しく計測されて正しい方向を向いているかを確認し、切削加工の後に後処理が必要であることが明らかになるのを防ぎます。プローブキャリブレーションから点測定、点あるいは円に基づく角度測定、円と四角の測定、そして更にはめ込み形状まで、必要な全ての機能が分かりやすい構造で1つにまとめられています。統合されている精度検査の機能を用いて、加工を継続させてもよいのか、あるいは中止させるべきなのかを指定できます。切削、旋盤そして計測を組み合わせた、高度に自動化された安全なプロセスにより、工具および工作機の損傷を防ぎます。その結果セットアップにかかる時間および加工時間が短縮され、製品品質が向上し、そして修正ループの回数が減少します。独自の測定サイクルを持たないコントローラーでも、この機能を利用してメリットを実感して下さい。
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies

    干渉チェックでマシンヘッドを完全に考慮

    干渉回避したツールパスをスピーディーに作成: マシンヘッドが切削領域と干渉する可能性がある場合は、これがNC計算にて自動で縮小される か、あるいは切削領域から除外されます

    利点: 
    • プロセスの高い安全性
    • 大幅な時間短縮: 自動で領域を縮小する機能を用いない場合は、計算の後、お客様が手動で修正して干渉を回避し、新たに加工を計算し直す必要があります
    • 領域の縮小機能を使用することで、全ての切削タスクにおいて、最短のツールパスと最適な切削条件が保証されます
    領域の縮小機能を用いない場合は干渉が発生
    自動の領域縮小機能を用いることで、干渉が回避される
    「バーチャルマシンを用いたプログラミング」のライセンスを使用することにより、工作機の可動域内で、計算しながらヘッドあるいはテーブルを、C軸を中心としてインタラクティブ回転させることができます。ヘッドの形が左右非対称な場合に特に大きなメリットが生まれます: 選択された工具を用いて取り除くことができる最大限の量の被削材が削り取られます。加工残り量が必要以上に多くなることがありません。領域を縮小させる際に、インタラクティブな回転運動が直接考慮されます。 
    C-軸を回転させない場合に取り除くことができる最大限の被削材
    C-軸を回転させると、明らかにより多くの素材を取り除くことができるようになる