Title

Description

    追従機能付きでパラメーター化された新しいシステムとソリッドカーネル

    製造のためのシステム


    納期がどんどん短くなる中で、安定した製造を保つ必要があります。後からCADモデルに修正が加えられた場合には、スピーディーで柔軟な対応が求められます。類似した製品の、異なるバリエーションを扱うことがあります。様々に異なる品質のファイルを使用しなければなりません。
    新しく開発された、確かなCADハイブリッドシステムであるTebis 4.1で、これらの課題を首尾よく処理することができます。

    ソリッドテクノロジーと、実証済みのサーフェステクノロジーを融合させました

    体積をベースとした他の多くのシステムとは異なり、Tebisは、サーフェスと開いたソリッド、そして閉じたソリッドの区別を行いません。利点: 実践に即したデザインおよびデータの準備のためには、立体的なドラフトアングルなどといったサーフェスや開いたソリッド、あるいは閉じたソリッドを、エラーメッセージを表示させずに組み合わせられることが必要不可欠です。従って、サーフェスのトポロジーにギャップがある場合も含めて常に、1つの結果を計算します。

    その他の利点: 設計に係る全てのアクティビティが、テンプレートを用いることで標準化および自動化されます。 

    変更が加わった場合でもスピーディーで簡単に設計

    パラメトリックデザインでは、サーフェスおよびソリッドが「どのように」作成されたのかが「記憶」されます。要素のあらゆる状態が保存されます。長さ、半径、方向などといったパラメーターは、いつでも変更することができます。1つのパラメーターが変更された際には、要素全体がそれに合わせて調整されます。
    さらに、それぞれの要素も追従機能で相互に結びついています。ここでも同様に、1つの要素に変更が加わった場合には、関連する全ての設計要素が、一回のクリックのみでアップデートされます。

    データ準備の時間を大幅に削減: 実践の場では、入力データを変更したり製品を後から調整したりといったことが頻繁に行われます。準備されたNCファイルが既にCAMプログラミングの過程に受け渡し済みであるである場合は特に、これに迅速に対応する必要があります。変更に簡単に対応できる、高いアジリティを備えたパラメトリック機能で、データの準備も非常に容易にこなせるようになり、これは、パラメトリックでない性質のファイルに対しても同様のことが言えます。なぜならTebisでは、ダイレクトモデリングと追従機能付きのパラメトリックモデリングの両方を、見事に組み合わせることができるからです。 
    CADモデルを迅速で簡単に変更
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    変更にも簡単に対応できる設計
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    実例: CADモデルをCAMプログラミング向けに準備

    繰り返し行われるアクティビティは、CADテンプレートを用いて素早く簡単に処理

    想像以上の容易さ: 経験の浅いユーザーでも、パラメトリックデザインがもたらすメリットをすぐに実感することができます。なぜなら全てのCADアクティビティを標準化して、テンプレートに取り入れることができるからです。
    大幅な時間短縮: 例えば、計測器およびクランプ要素まで含めた、テストゲージのパラメトリックテンプレートを、お客さまのCADデータセットに読み込ませることができます。個別の要素を、数回のマウスクリックのみで製品の相応しい場所に配置します。ダイヤルゲージのように、高さおよび角度は後から任意に変更することができます。 
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    実例: テンプレートを用いてテストゲージを配置

    量産部品に最適: 冶具を迅速かつ柔軟に配置

    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    特に量産部品を扱う場合には、特殊な冶具をパラメトリックにデザインすることが非常に有効です。セットアップの状況に応じて、例えば任意の数の金型部品をインタラクティブに位置決めし、自動で調整することができます。 

    自動化された電極放電加工プロセスは、統合された電極設計機能の上に成り立ちます。

    電極を迅速かつ安全に設計: 電極プロジェクトを、新しいCADストラクチャーツリーにオブジェクト指向で直接登録して、管理することができます。最大の利点は、製品および出力座標を一度プロジェクトに登録するたけで、該当するプロジェクト内の電極は全て、登録された製品と出力座標を参照するようになります。もちろん、個別の電極ごとに、対話形式でいつでも条件を調整することができます。

    更に、同じ形状の複数電極自動で生成し、これらを1つの電極ファミリーに取りまとめることが出来ます。例えば粗取りおよび仕上げ加工のために、放電ギャップが異なる、同じ形状の電極が必要となる場合、マウスをクリックするだけでこれを簡単に生成することができます。

    また、実用的なフィルター機能により、電極に相応しい素材およびホルダーを選択することができます。放電部に合わせて、素材が自動で調整されます。

    製造プログラムおよび計測プログラムの両方を、ストラクチャーツリーで直接管理することができます。電極情報は記録および転送されます。


     
    video thumbnail
    Please accept Cookies.
    Please accept the Marketing Cookies for using the form/video.
    Activate Cookies
    電極を迅速かつ安全に設計